読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音楽教室の先生が書くブログ

ミュージックスクール オトマナビ

ABILITY、Singer Song Writer ノートプロパティで複数の音符の長さを一括変換する方法

複数の音符をまとめて変換しよう ABILITY、Singer Song Writerには入力した音符の詳細情報を確認、変更することができるノートプロパティというものがあります。 実はこのノートプロパティは1音だけでなく、複数の音符を同時に変更することも可能です。 こ…

ABILITY、Singer Song Writer プラグイン32bitと64bitどちらをインストールすればいいか?

プラグインには32bit版、64bit版で選べるものがあります プラグイン(音源やエフェクター)には32bit版と64bit版と2つのバージョンが用意されているものがあります。 お持ちのABILITYやSinger Song Writer でこれらを使う時にどちらをインストールしたらいい…

ABILITY 楽曲のファイルを保存した時にできるAudioFilesフォルダーは消してもいいの?

AudioFilesフォルダーは消してもいいのか? 楽曲ファイルを保存すると、このようにファイル名と同じ名前がついたAudioFilesとProFilesいうフォルダーができることがあります。 ファイルが増えてくるとこのフォルダーって結構やっかいですよね。 消してしまい…

4種類のWindows対応の音楽ソフト(DAW)をいろいろ使ってみた感想

4種類のWindows系DAWを使ってみた感想あれこれ 音楽ソフト(DAW)は各社メーカーからあれこれ発売されていますが、それぞれどういった違いがあるのでしょうか? 音楽スクールを長年やっているといろいろなメーカーのDAWを触る機会があります。私がこれまで実…

BIGUP×ABILITY2.0 オリジナルソングキャンペーンがスタート

オリジナルソングを世界に配信できるかも! BIGUPとABILITY2.0のコラボキャンペーンが始まります! 「BIGUP」はエイベックス・ミュージック・クリエイティブ株式会社が提供しているクリエーターに変わって音楽配信の代行などをやってくれるサービスです。 今…

ABILITY SSWLite トラックに表示されているアレンジパート名は大事です

アレンジパート名は消さないようにしましょう MIDIトラックの表示部に「Melo1」や「Bass1」といった謎の文字が書き込まれているトラックがあるのに気がついた方はいらっしゃるでしょうか。 何も書き込まれていないトラックもあります。 謎の文字なのですが、…

ABILITY SSWLite 自動アレンジ機能で貼り付けたベースパートを見やすい譜面にするには

音部記号を変えて見やすい譜面に 自動アレンジ機能を使って貼り付けたデータは、音部記号がすべて「ト音記号」になっています。 そのためスコアエディタで開くと、ベースパートなどの音が低い楽器はとても見にくい譜面になります。 譜面で音を確認したい場合…

ABILITY SSWLite 自動アレンジで貼り付けたアレンジパターンを忘れてしまったら「フレーズ表示機能」を使ってみよう

貼り付けたアレンジパターンを忘れてしまったら ABILITYやSSWシリーズに搭載されている自動アレンジ機能は数多くのアレンジパターンが用意されていて簡単な操作でクオリティが高い伴奏をつけることができます。 このアレンジ機能、便利なのですがパターンの…

ABILITY SSWLite ノートパソコンの方にオススメ!バーチャルキーボードを活用しよう

パソコンのキーボードを使って音符が入力できます ABILITY、SSWシリーズにはパソコンのキーボードを鍵盤に見立てて音符を入力することができるバーチャルキーボードが搭載されています。 出先などでノートパソコンで作業する時に、ちょっとしたフレーズなど…

ABILITY MIDIトラックにある2つのキーシフト「KS」の違い

キーシフト「KS」は使っていますか? MIDIトラックの表示部にあるキーシフトはみなさん使っていますか? 「KS」と表示されている部分がキーシフトになります。 このキーシフト、実は2種類用意されています。 今回はそれぞれの活用方法をご紹介していきたいと…

ABILITY2.0 オーディオデータのある一部分だけにエフェクトをかけるには

エフェクトの仕組みを応用しましょう 楽曲を作っていてある一部分だけにエフェクトをかけたいと思うことありませんか? 通常プラグインエフェクトはトラック全体に効果がかかってしまいます。 ですがちょっと一工夫することで簡単にエフェクトをかけることが…

ABILITY2.0 プラグインエフェクトの消し方

トラックに挿入されたプラグインエフェクトを外すには 前回のプラグインエフェクトのかけ方の続きで、トラックに挿入されているプラグインエフェクトの外し方をご紹介します。 このようにオーディオトラックにエフェクトが設定されています。 赤く囲ったとこ…

ABILITY2.0 プラグインエフェクトのかけ方

プラグインエフェクトをかけてみよう ABILITY2.0で録音したオーディオデータにはエフェクトをかけることができます。 エフェクトはプラグインエフェクトというものを使用してトラックにかけます。 今回は歌が録音されたオーディオトラックにプラグインエフェ…

ABILITY2.0 ボーカルやギターをオーディオ録音するには

オーディオ録音するには ABILITY2.0シリーズを使ったオーディオ録音のやり方をご紹介します。 旧バージョンのABILITYシリーズでも同じような手順で操作できます。 まず、オーディオ録音とかオーディオレコーディングと呼び方が様々で混乱される方もいらっし…

プラグインシンセ(VSTインストゥルメント)を起動させるには【ABILITY2.0】【SSW9.5】

付属のプラグインシンセの起動方法 DAWに付属されているプラグインシンセ(VSTi)はみなさん使っていますか? 起動方法がわからないという声をよく聞きますので、今回はABILITY2.0 や Singer Song Writer9.5 でプラグインシンセを起動させる方法をご紹介しま…

「ABILITY 2.0」「Singer Song Writer Lite 9.5」ソフトのアクティベーションを解除するには

ActivateCenterを使って解除をしましょう パソコンを買い換えた時など、音楽ソフトを新しいパソコンにインストールし直すことがります。 その時に問題になるのがソフトのライセンスの問題です。 「ABILITY 2.0」「Singer Song Writer Lite 9.5」ではソフトを…

「ABILITY」「Singer Song Writer」データ再生時にカーソルが動かない!?

再生すると音は出るけどカーソルが進まない 「ABILITY」「Singer Song Writer」のトラブルとしてデータ再生時にカーソルが動かなくなる現象があります。 データを再生すると音は鳴るのですがカーソルが進まないので、どこを再生しているのか分かりずらく結構…

ABILITY2.0 UVI Grand Piano Model Dのインストールと使い方

UVI Grand Piano Model Dのインストール方法が動画で見れます ABILITY2.0 Proに付属されているUVI Grand Piano Model D のインストール方法がインターネット社さんから動画で公開されています。 同じくABILITY2.0 Proに付属されているBFD Ecoと同じようにイ…

ABILITY2.0 Pro BFD Ecoのインストールと使い方

BFD Ecoのインストールまでの流れを確認してみよう ABILITY2.0 ProにはBFD Ecoというドラム音源が付属されています。 かなり生に近いドラム音源なのでぜひとも曲作りに活用していきたいところです。 ですがインストールの方法がわからなくてつまずいてしまっ…

トランスポーズって何だ?

トランスポーズで楽曲の音の高さが変えられます 音楽ソフト(DAW)は作った楽曲の楽曲全体の音(ピッチ)の高さを好きなように変えることができます。 この楽曲全体の音の高さを変えることを移調するといいます。 調(ポップスではkeyともいいます)を変える…

インターネット社のソフトを買うなら今がチャンス!2016-2017 Winterキャンペーン

インターネット社のDAWやボーカロイドが安くなる! Singer Song WriterやABILITYなどを開発しているインターネット社のソフトが安くなるキャンペーンが始まりました! 音楽制作ソフト(DAW)、サウンド編集ソフト、ボーカロイド、文章読み上げソフト、VSTプ…

ABILITY 2.0 Pro BFDEcoのインストールでの注意点

BFDEcoを起動したら赤いビックリマーク(!)が出てきた BFDEcoを起動して音色のPRESETを選択すると、フェーダーの上にある音色のアイコンの場所に赤いビックリマーク(!)が出てきて何かをずっと読み込み続けてそれが終わらなくなるという症状です。 ABILI…

ABILITY 2.0 Pro 付属音源 KOMPLETE ELEMENTSでストリングスの音色を使ってみる3(リバーブとベロシティカーブ)

ベロシティカーブとリバーブを使ってみよう! ストリングスパートの入力では、ゆったりとしたフレーズではゆっくりとした立ち上がりの音色がよかったり、短い音符が連続するフレーズでは早い立ち上がりがほしかったりということはありませんか? KOMPLETE EL…

ABILITY 2.0 Pro 付属音源 KOMPLETE ELEMENTSでストリングスの音色を使ってみる2(奏法の切り替え)

ストリングスの奏法を切り替えてみよう! KOMPLETE ELEMENTSでストリングスの音色を使ってみる第2段としてストリングスの奏法を切り替えて使う方法をご紹介します。 通常のバイオリンやビオラなどのストリング系の楽器はトレモロやピッチカートなど演奏方法…

ABILITY 2.0 Pro 付属音源 KOMPLETE ELEMENTSでストリングスの音色を使ってみる1(音色の読み込み)

KOMPLETE ELEMENTSでストリングスの音色を選択してみよう ABILITY 2.0 Pro に付属されている音源のKOMPLETE ELEMENTS、この音源みなさん使っていますか? せっかく付属されているのだから使ってみようということで、筆者オススメの音色であるストリングスの…

ABILITY、Singer Song Writer 音符入力で休符が入らない、小節の先頭に音符が勝手に・・・

もしかしてEZ入力モードになっていませんか? 音符入力で休符が入らない、小節の先頭に音符が勝手に・・・ などのご質問をスクールでもたびたび耳にします。 昨日までは普通に動いていたのに、今日はソフトの動きがおかしい?と悩まれている方 実は、ABILITY…

ABILITY、Singer Song Writer ハーモニーの作り方2

AUTOハーモナイズ機能を使ってさらに細かくハーモニーを作る ポップスでもよく見かけるハモリのパート、「AUTOハーモナイズ」という機能を使うことで簡単に作ることができます。 AUTOハーモナイズ機能の紹介は前回の記事をご参照ください。続きになってます…

ABILITY、Singer Song Writer ハーモニーの作り方1

AUTOハーモナイズ機能を使ってハモリを作ってみよう ポップスでもよく見かけるハモリのパート、自分で作ろうとしてもなかなか難しかったりします。そんな時はこのAUTOハーモナイズ機能を試してみてください! こんなフレーズがあったとします。これにハーモ…

ABILITY、Singer Song Writer 貼り付けたアレンジパターンのファイル名は表示できます

貼り付けたアレンジパターンって覚えてますか? ABILITY や Singer Song Writerシリーズの目玉機能であるアレンジ機能、これは指定したコード進行に沿って自動でアレンジを作ってくれる機能です。 ジャンルとアレンジパターンを指定するだけで簡単にアレンジ…

ABILITY、Singer Song Writer 反復記号入りの譜面をオーディオに書き出す

反復記号入りの譜面も簡単にオーディオデータに書き出すことができます 反復記号などの記号を入れて制作したデータはそのままオーディオデータに書き出すことができます。 これはどういうことかというと、反復記号の分もきちんと計算してオーディオデータに…

ABILITY、Singer Song Writer 反復記号の入力と展開の仕方

反復記号の入力方法と展開方法 同じ部分を繰り返し演奏するという反復記号は見やすい譜面を作るときにはとても便利な記号です。 普通のDAWなどではこういった反復記号などの入力ができるものはあまり見かけません。そんな反復記号などの入力に対応していると…

ABILITY、Singer Song Writer キーシフトを使って簡単に移調してみよう

簡単に移調できる便利ツールのキーシフト使ってますか? みなさんはキーシフトという機能を使ったことありますか? 入力する時にキーをシフトして入力してくれたり、データを再生する時に移調させてデータを再生させてくれたりといろいろと使えます! キーシ…

ABILITY、Singer Song Writer ショートカットキーで曲頭に巻き戻しをしよう

曲の頭出しや指定した小節へジャンプすることができます 曲の頭に巻き戻して再生することは曲を制作する中で繰り返し何度も使う動作です。 手順をなるべく減らしてスピードアップを図るために巻き戻しなどのショートカットを積極的に使っていきましょう! 今…

ABILITY、Singer Song Writer リバースシンバルの作り方

リバースシンバルを自分で作ってみましょう! 楽曲のサビなどの前で盛り上げ役としてよく使われるリバースシンバル。 何か金物のような音がシャーー-と聞こえる効果音、だんだん音が大きくなって音に巻き込まれるような効果を演出してくれます。 実はこれは…

ABILITY、Singer Song Writer トラック内のオーディオデータを1つにまとめる

バラバラになったトラック内のオーディオを1つにまとめる 何度も録音したり、コピーペーストを繰り返すと、同じトラック上にオーディオクリップがたくさんできてしまったりします。 普通に曲作りをしていると結構こういう状態になったりしますね。 このまま…

ABILITY、Singer Song Writer オーディオデータを結合するには

オーディオクリップを結合する 前回はオーディオクリップの分割のご説明をしました。 オーディオクリップの分割の記事はこちらから blog.otomanavi.com 今回は2つのクリップの結合方法をご紹介します。 バラバラになっているオーディオクリップを結合するこ…

ABILITY、Singer Song Writer オーディオデータを分割したい

意外と簡単!オーディオデータの分割方法 オーディオデータのクリップは簡単に分割することができます。 録音したオーディオデータの不要な部分を切り取ったり、分割した部分を他のところにコピーしたりなどいろいろな使い方があります。 今回はオーディオデ…

ABILITY、Singer Song Writer 録音したクリップごとに音量を調整する

オーディオデータはクリップごとに音量調整ができます オーディオデータを録音すると、録音するマイクの位置が変わってしまったりしただけで録音するたびに音量にバラつきが出てきてしまったことはありませんか? なるべく音量にバラつきが出ないようにでき…

ABILITY、Singer Song Writer MIDIトラックのアウトプットを一度に変更する

MIDIトラックのアウトプットはまとめて変更できます! 付属のソフト音源を差し替えたりする時に便利なワザがあります。 16パート(チャンネル)使えるマルチ音源などで新しい音源に差し替えるとなると、MIDIトラックのアウトプットを1つずつ変更していく必要…

ABILITY、Singer Song Writer 意外と知らない右クリックを活用法2

右クリック1回で選択されたトラックを1つだけにする 意外と知らない右クリックを活用法の第二弾として今回はトラックの選択をご紹介します。 スコアエディタやピアノロールエディタで複数トラックが選択されている時に、1つ1つクリックして選択を解除してい…

ABILITY、Singer Song Writer 意外と知らない右クリックを活用法!

右クリックを活用すると何かと便利です! みなさん、右クリック使っていますか? ABILITY や Singer Song Writer シリーズでは右クリックがとても便利な働きをします! 今回はソロ、ミュートボタンなどでのボタン類での右クリック活用法をご紹介します。 ソ…

ABILITY、Singer Song Writer アレンジを貼り付けた後のデータを一括で綺麗に調整する

データThinでデータを綺麗に整頓しましょう アレンジデータを貼り付けた後にボリュームやパンなどのパラメーターを動かしてもデータを再生するともとの値に戻ってしまうということありませんか? これはボリュームやパンなどのコントロール情報もアレンジデ…

ABILITY、Singer Song Writer 音部記号(ト音記号・ヘ音記号)の設定

ベース用に譜面をヘ音記号に変えるには 譜面でベースを入れる時には音部記号を変えることで譜面が見やすくなります。 ベースはヘ音記号よりもさらに1オクターブ低い音域で演奏する楽器ですので8vbという1オクターブ下で演奏しますという表記も合わせて設定し…

ABILITY、Singer Song Writer 調号記号の設定

調号を変更してみましょう! ト音記号の右側に見える記号を調号記号といいます。 下の写真では#が二つ付いていますね。この記号が曲の調を表している記号になります。 バンドスコアなどを見ながら既存曲を打ち込んだり、これから作る曲の調が決まっていたり…

ABILITY、Singer Song Writer 拍子の変更方法

拍子を変更するには? 今回は拍子の変更方法をご紹介します。 拍子は曲の頭で変えたり、曲の途中で変えたりと好きなように設定できます。 今回は例として曲頭で拍子を3/4拍子に変える手順をご紹介します。 まずはスコアエディタ画面を開きましょう。 拍子の…

ABILITY、Singer Song Writer スケールウィンドウで使えるスケールが簡単にわかる

スケールウィンドウとっても便利です! ABILITY、Singer Song Writerシリーズにはスケールウィンドウという便利な機能が搭載されています。 スケールウィンドウはコードトラックのコード名から、そのコードの時に使用できるスケール(音階)を表示してくれる…

ABILITY、Singer Song Writer 赤いマークのフレーズが貼りつかない

赤いフレーズと緑のフレーズの違いって知ってますか? ABILITY、Singer Song Writerシリーズにはアレンジやフレーズデータが沢山用意されていて、試聴しながら気に入ったものをソングエディタにドラッグ&ドロップするだけで簡単に伴奏を作ることができます…

ABILITY、Singer Song Writer グルーブクォンタイズでベタ打ちデータがプロのグルーブに

グルーブクォンタイズでプロのグルーブを手に入れる! 前回ご紹介したクォンタイズはずれてしまった音をジャストのタイミングに修正してくれる機能でした。 クォンタイズの記事はこちらから blog.otomanavi.com このグルーブクォンタイズは、タイミングをジ…

ABILITY、Singer Song Writer クォンタイズで音のタイミングを補正

MIDIの音符のタイミングを自動で補正 MIDIキーボードなどを使ってリアルタイムで音符を録音することをリアルタイムレコーディングといいます。 MIDIキーボードを使うことによって音符の入力スピードが上がるのでとても便利な入力方法です。 この便利なリアル…

ABILITY、Singer Song Writer ドラムに自動でアクセントを付ける

ドラムのアクセントはこれにおまかせ! 前回のメロディにアクセントを付ける機能に引き続き、今回はドラムのベロシティを自動で調整してくれる機能のご紹介です。 ドラムではハイハットにベロシティで強弱をつけてあげることでグルーブ(ノリ)が出てきます…