オトマナビブログ

ミュージックスクール オトマナビ

Singer Song Writer

ABILITY、Singer Song Writer ボリュームフェーダーで調整した音量レベルが元に戻ってしまう

ボリュームが変えられない!? トラックの音量ボリュームをインスペクタ画面のフェーダーを使って設定しても、データを再生させるとボリュームが元に戻ってしまうことがあります。 これはデータの中に音量を変更させるMIDI情報が入力されている時におこる現…

ABILITY、Singer Song Writer 「HyperCanvas」の音色がピアノから変らない時はここをチェック

「HyperCanvas」の音色が変らない 「HyperCanvas」や「INVSC」で作った楽曲を保存して開き直すと、トラックの音色がピアノで鳴ってしまうことがあります。 このように音色情報はきちんと入力してあるはずなのに・・・ データを再生させても音色がピアノのま…

ABILITY、Singer Song Writer ソフトシンセのエディターを素早く表示させるには

VSTiパネルボタンを活用しよう みなさんはソフトシンセのエディター画面を表示させる時にどのような手順で表示させていますか? 一般的な方法としてはVSTインストゥルメントのボタンをクリックして こちらのボタンをクリックすると プラグインシンセのエディ…

ABILITY、Singer Song Writer 1つの小節にコードネームを2つ入れるには

コードネームを2つ入れるには 1つの小節内でコードが変ることはたびたびあります。 ソングエディタで1つの小節にコードを複数入れる方法をご紹介します。 まずは小節の頭にコードネームを1つ入力しておきます。 画面右下のスライダーを使ってグリッドを小節…

ABILITY、Singer Song Writer 小節からはみ出したデータの移動方法

グリッドを活用しよう! ソングエディタで小節線からはみ出したデータを移動させる時、みなさんどうやっていますか? マウスで掴んで移動させると、クリップの頭が小節線に合ってしまいます。 そんな時は、こちらのスライダーを使ってみましょう。 右に移動…

ABILITY、Singer Song Writer トラックの出力先を複数のトラックでまとめて変更するには

出力デバイスを一度に変更する ソフト音源などを新たに追加した時にはMIDIトラックの出力デバイスを新しいソフト音源に変更してあげる必要があります。 ですが複数のMIDIトラックを使用している「INVSC」や「Hyper Canvas」などはいちいち1つずつトラックの…

ABILITY、Singer Song Writer 曲頭に巻き戻すショートカット

とっても便利巻き戻しのショートカット ABILITY、Singer Song Writerで楽曲を作っている時に、入力したデータを再生して確認をしたりします。 その際に曲頭から再生されるようにタイムカーソルの位置を巻き戻す必要があります。 プレイパネルなどを使って曲…

ABILITY、Singer Song Writer 歌詞を表示させるトラックを選択するには

歌詞を表示させるトラックは選択することができます いつもMIDIトラック1に表示されている歌詞ですが、実は別のトラックにも表示させることもできます。 今回は歌詞を表示させるトラックの選択方法をご紹介します。 初期の設定ではMIDIトラックの1に歌詞が表…

ABILITY、Singer Song Writer 曲の2番の歌詞だけを削除するには?

歌詞を段ごとに削除する方法 1番、2番と歌詞を入力しているデータから、2番の歌詞だけをまとめて消すということができます。 歌詞を一文字ずつ消していく必要がないのでとても便利な機能です。 今回は歌詞を段ごとに削除する手順をご紹介していきます。 例…

ABILITY、Singer Song Writer 音名を歌詞として表示させる

音名を歌詞として表示させる機能が面白い ABILITY、Singer Song Writerシリーズには音名を歌詞トラックに歌詞として表示させる機能が付いています。 こんな感じで音名が表示されます。 実際に音名を表示させる手順をご紹介していきます。 入力した音符があり…

ABILITY、Singer Song Writer タイの付け方と外し方

タイの付け方を覚えよう スコアエディタ(譜面画面)で音符を入力する時のタイの付け方をご紹介しまします。 まずはタイで繋げたい音符をそれぞれ入力します。 入力したら、後ろ側の音符をクリックして選択しておきます。 ノートパレットの赤く囲ったボタン…

ABILITY、Singer Song Writer マーカーごとでコピーをするには

マーカーの一覧表示を活用しよう マーカーは楽曲の構成を表すAメロやBメロといった名前を記入しておくことができる場所です。 楽曲を作成する際にこのマーカーを使うことで作業がとてもやり易くなります。 ソングエディタ画面では小節番号の上のところにマー…

ABILITY、Singer Song Writer スコアエディタで音符の棒の向きを変えるには

音符の棒の向きの変え方 スコアエディタで入力する音符の棒の向きは自由に変えることができます。 まずは通常マウスで入力する時、どのような法則で棒の向きが決められているか見ていってみましょう。 ト音記号のシ(Bの音)から上の音を入力しようとすると…

ABILITY、Singer Song Writer 素早く選択できる右クリックを活用しよう

便利な右クリックを使おう! MIXやアレンジをしているとトラックのソロボタンや、ミュートボタンを複数のトラックで点灯させることがあります。 沢山ボタンが点灯している状態から、1つのトラックだけ点灯の状態にする時に、一つづつボタンをクリックして消…

ABILITY、Singer Song Writer ドラムの譜面で音符の色が違うのはなぜ?

ドラムの音符の色が違うのは スコアエディタでドラム譜を表示させると音符に色が付いているのに気が付きます。 黒、青、ピンクと三種類の色が存在しています。 ではこの色がついた音符はいったい何なんでしょうか? まずドラムの譜面は通常の譜面と違って特…

ABILITY、Singer Song Writer スコアエディタで音符入力を速くするコツ

音符入力のスピードを上げよう! 皆さんはスコアエディタでどのように音符を入力していますか? 今回は音符を入力する時の入力スピードを上げるちょっとしたコツをご紹介します。 まずは例としてこんな譜面を入力するとします 通常はノートパレットを表示さ…

ABILITY、Singer Song Writer 画面をスクロールさせないようにするには

画面をスクロールさせない! ABILITY、Singer Song Writer シリーズでは通常、タイムカーソルに合わせて画面がスクロールします。 画面がスクロールすることで現在再生している箇所の譜面やデータなどを見ることができるのでとても便利な仕組みになっていま…

ABILITY、Singer Song Writer タイムカーソルの位置をジャンプして移動させるには

タイムカーソルの位置をいっきに変えよう ABILITY、Singer Song Writerシリーズではタイムカーソルがある位置からデータが再生されます。 また音符を入力、編集する時にスコアエディタやピアノロールエディタを開くときもタイムカーソルの位置で画面が開きま…

ABILITY、Singer Song Writer 録音する時にはPre-rollで頭にカウントを入れよう!

Pre-rollで録音がスタートする前にカウントを入れる 歌やギターを生録音する時や、MIDIキーボードを使ってリアルタイム録音する時などにオススメの機能がPre-rollです。 このPre-rollどんな機能かというと、録音がスタートする前にカウント入れてくれる機能…

ABILITY、Singer Song Writer 「EZ入力モード」と「音符入力モード」の違い

入力モードを切り替えて使おう! ABILITY、Singer Song Writerシリーズにはスコアエディタで音符を入力するモードが2種類用意されています。 それは「EZ入力モード」と「音符入力モード」です。 それぞれの違いを見てみると 「EZ入力モード」・・・入力した…

ABILITY、Singer Song Writer プレイパネルのキーシフト機能で移調後の音が確認できます

プレイパネルのキーシフト機能で移調させた音を聞いてみよう ソングの再生や停止するのに使用するプレイパネルには楽曲全体のキー(調)を移調(キーシフト)させる機能が付いています。 作った楽曲をカラオケ屋さんでキーを変えるような感覚で簡単に変える…

ABILITY、Singer Song Writer アップデータの確認方法

アップデータがあるか確認してみよう ABILITY や Singer Song Writer を起動した時にこんな感じでメッセージが出てきたことはありませんか? ABILITY、Singer Song Writer シリーズはパソコンがインターネットに繋がっている状態であれば最新のアップデータ…

ABILITY、Singer Song Writer 歌詞の入力方法

譜面に歌詞を入力してみよう ABILITY、Singer Song Writer シリーズではスコアエディタ(譜面画面)で歌詞を入力することができます。 今回はこの歌詞の入力方法をご紹介いたします。 スコアエディタを開いて、「Lyric」をクリックして点灯させます。 青く点…

ABILITY、Singer Song Writer ペーストとマージの違い

ペーストとマージの違いとは? ABILITY や Singer Song Writer ではデータのコピー、切り取り、貼り付けなどにボタンが用意されています。 切り取りがハサミのマークで、コピーがカメラのマークと分かりやすくなっています。 ただコピーしたデータを貼り付け…

ABILITY、Singer Song Writer ソングエディタ上のコードトラックなどを非表示にするには

トラックの非表示機能を活用してスペースを有効活用 ABILITY、Singer Song Writer では通常のトラックの上にBeat(拍子)、Tempo、Chordと3つの特殊なトラックが用意されています。 この3つのトラックですが表示非表示を切り替えることができます。 使ってい…

ABILITY、Singer Song Writer スコアエディタで小節の幅を揃えるには?

小節の幅を揃えてみよう ABILITY、Singer Song Writer の譜面画面であるスコアエディタでは小節の幅を同じ幅に揃えることができます。 音楽を始めたばかりで譜面があまり得意ではない方などは小節の幅を揃えておくことで見やすい譜面になりますのでオススメ…

ABILITY、Singer Song Writer 拍子の場所に書かれている「C」って何だ?

拍子の場所に書かれた「C」とは? いろいろな譜面を見ていると、たまに表紙のところに「C」と書かれている譜面を見かけます。 この「C」ってどんな意味なんでしょう? この「C」はコードではなく、拍子を表しています。 実は「C」は4/4拍子のことなんです! …

Singer Song Writer 新規ソング設定ウィザードを起動させるには

ファイル作成をナビしてくれる新規ソング設定ウィザード Singer Song Writer Liteシリーズには新規ソングファイルを作成する時のナビゲーションとして「新規ソング設定ウィザード」が用意されています。 こちらが「新規ソング設定ウィザード」です。 「新規…

ABILITY、Singer Song Writer ノートプロパティで複数の音符の長さを一括変換する方法

複数の音符をまとめて変換しよう ABILITY、Singer Song Writerには入力した音符の詳細情報を確認、変更することができるノートプロパティというものがあります。 実はこのノートプロパティは1音だけでなく、複数の音符を同時に変更することも可能です。 こ…

ABILITY、Singer Song Writer プラグイン32bitと64bitどちらをインストールすればいいか?

プラグインには32bit版、64bit版で選べるものがあります プラグイン(音源やエフェクター)には32bit版と64bit版と2つのバージョンが用意されているものがあります。 お持ちのABILITYやSinger Song Writer でこれらを使う時にどちらをインストールしたらいい…