読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オトマナビブログ

ミュージックスクール オトマナビ

ABILITY2.0になってStrip Chartが使いやすくなった

ABILITY

Strip Chartが使いやすく進化しています

スコアエディタやピアノロールエディタでMIDIの編集をしている時によくお世話になるStrip ChartがABILITY2.0になって進化しました。

 

どう進化したかというと・・・

 

コントロールチェンジ情報などをStrip Chartで入力した時に、今までは入力したコントロールチェンジ情報の最終の値でその後も続いてしまっていました。

f:id:otomanavi:20160527234317j:plain

 

f:id:otomanavi:20160527234342j:plain

 

 

それが今度は、コントロールチェンジを入力し終えたところで元のデフォルトの位置に戻ってくれます。

f:id:otomanavi:20160527234356j:plain

 

 

このボタンをクリックして点灯しておくことでこのようになります。

f:id:otomanavi:20160527234625j:plain

 

いままでのように入力した最終の値のままがいいという方はこちらのボタンを点灯しましょう。

f:id:otomanavi:20160527234414j:plain

 

これは地味ですが、地味に便利な機能です。

新しい方式と、いままでの方式を切り替えられるのもありがたいですね。

 

例えばモジュレーションなどは、音を震わせた後に元の0という値に戻す作業をしていると思います。そういったコントロールチェンジ情報などにはこの新しい方式がとても便利です。

 

また、エクスプレッションなどの音量変化のコントロールチェンジは入力した最終の値をそのまま保っていた方が自然だったりします。こんな時はいままで通りの入力方式が便利ですね。

 

ご自宅のパソコンでABILITY2.0を学ぶことができます。

Skypeを使ったオンラインレッスンのミュージックスクールです。

www.otomanavi.com