オトマナビブログ

ミュージックスクール オトマナビ

ABILITY2.0録音した歌やギターなどのオーディオデータをアシッダイズ

ABILITY2.0では入力済みのオーディオデータをアシッダイズ可能になりました!

 

DAWのテンポ(BPM)に合わせて自動でタイムストレッチがかかるオーディオデータをアシッダイズされたオーディオファイル(ACIDファイル)と呼びます。

 

MIDIデータで楽曲を作っている時は楽曲のテンポを制作途中でも気にせず変えることができます。テンポを変えたことによって入力したMIDIデータがずれてしまうなんてことはありません。

 

ですが、MIDIで作った楽曲にオーディオとして歌やギターを録音したらどうでしょう。

 

今度はテンポを変えるとオーディオデータだけがずれていってしまいます。

 

それは、なぜでしょう?

 

オーディオデータデータは自分自身でテンポ情報を持っています。

例えばテンポ100の時に録音されたギターのオーディオデータはテンポ100という情報を持っているということです。

 

そのためDAW側でテンポを変えてもオーディオデータはDAWのテンポを無視して、自分が録音された時のテンポで再生しようとしてしまいます。

 

そうなってくると楽曲はぐちゃぐちゃになってしまいますね。

 

そこで登場するのがACIDファイルです!

 

ACIDファイルはMIDIと同じようにDAW側でテンポを変えてもしっかり合ってくれます。そしてABILITY2.0ではオーディオデータをACIDファイル化することができるようになりました。これをオーディオデータをアシッダイズするといいます。

 

アシッダイズされたオーディオデータ(ACIDファイル)はしっかりDAWのテンポに合わせて再生されます。

 

オーディオファイルのアシッダイズ手順

オーディオデータをクリックして選択します

f:id:otomanavi:20160529151237j:plain

 

「オプション」→「オーディオ/ムービー」→「ACID WAVEに変換」を選択します。

f:id:otomanavi:20160529151303j:plain

 

「ACIDに変換」ダイアログが表示されるので、そのまま「OK」ボタンをクリックします。

f:id:otomanavi:20160529151400j:plain

 

オーディオデータがアシッダイズされました。見た目は何も変わってないように見えます。

f:id:otomanavi:20160529151442j:plain

 

ABILITY2.0のテンポを変えてみましょう。ここではテンポ70にしてみます。

 

テンポを変えてもオーディオファイルの長さは変わりません。これはABILITY2.0のテンポに合わせてオーディオデータがタイムストレッチされているということです。

f:id:otomanavi:20160529151539j:plain

 

アシッダイズされてない普通のオーディオファイルで同じようにテンポを変えてみるとオーディオファイルの長さが変化してしまいます。これはオーディオデータだけ元のテンポで再生しようとしているのでこのように短くなっています。結果オーディオファイルはABILITY2.0のテンポを無視してしまうので楽曲とずれてしまいます。

f:id:otomanavi:20160529151551j:plain

 

 またACIDファイルはもともとオーディオデータが持っていたテンポからあまりにも離れたテンポを指定すると音質が悪くなります。タイムストレッチにも限界があるようですね。

 

遅くすると音質の劣化が目立ってしまいますが、逆に元のテンポよりも速くする分には音質の劣化は分かりずらかったりします。テンポが速い分ごまかせているのかもしれません。

 

ACIDファイル大変便利な機能ですね。特性をよく理解しながらうまく使っていきましょう!

 

 

ご自宅のパソコンでABILITY2.0を学ぶことができます。

Skypeを使ったオンラインレッスンのミュージックスクールです。

www.otomanavi.com