読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オトマナビブログ

ミュージックスクール オトマナビ

ABILITY2.0 BFD Ecoの使い方(パターンの貼り付け)

BFD Ecoに収録されているドラムパターンをABILITY2.0に貼り付ける手順

 

「GROOVES」ボタンをクリックしてパターンが試聴できる画面を表示します。

f:id:otomanavi:20160602121404j:plain

 

パターンのカテゴリーを選択します

f:id:otomanavi:20160602121528j:plain

 

パターンのテンポを選択します

f:id:otomanavi:20160602121559j:plain

 

 パターンの拍子を選択します

f:id:otomanavi:20160602121629j:plain

 

パターンのタイプを選択します。「Fill」はフィルインのパターン、「GROOVE」は通常のリズムパターンになります。

f:id:otomanavi:20160602121656j:plain

 

カテゴリーで選択した条件のリズムパターンが、カテゴリー右側のウィンドウに表示されます。パターンのファイル名、もしくは赤く囲われた部分をクリックするとパターンを試聴できます。もう一度クリックすると試聴を停止できます。

f:id:otomanavi:20160602122513j:plain

 

気に入ったパターンが見つかったら、そのパターンをABILITY2.0に貼り付けてみましょう。

 

ABILITY2.0のトラック表示部からBFD Ecoで使いたいトラックを設定します。

まず出力デバイス欄をクリックします。

f:id:otomanavi:20160602122523j:plain

 

トラックで使用する出力先にBFD Ecoを選択します。選択後はトラックのCH(チャンネル)を1にしておきます。

f:id:otomanavi:20160602122530j:plain

 

トラックの上で右クリックして、表示されるメニューから「トラックの追加」→「MIDI PHRASE」を選択します。

f:id:otomanavi:20160602122534j:plain

 

BFD Ecoのリズムパターンを貼り付けるフレーズトラックが表示されます。

貼り付けたいリズムパターンをBFD Ecoからフレーズトラックにドラッグ&ドロップします。

f:id:otomanavi:20160602122539j:plain

 

リズムパターンが張り付きました。

f:id:otomanavi:20160602122547j:plain

 

赤く囲った部分を右にドラッグすることでリズムパターンがループします。

f:id:otomanavi:20160602122552j:plain

 

手順を覚えてしまうと結構簡単にドラムパートを作ることができます。ABILITY2.0 Proを購入された方はぜひお試しください。

 

 

ご自宅のパソコンでABILITY2.0を学ぶことができます。

Skypeを使ったオンラインレッスンのミュージックスクールです。

www.otomanavi.com