読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オトマナビブログ

ミュージックスクール オトマナビ

ABILITY2.0 MIDIデータのオーディオ化

ABILITY

簡単な手順でMIDIデータをオーディオ変換できるようになりました

 

ABILITY2.0からMIDIデータをオーディオデータに変換できるようになりました。

オーディオ変換できるのはMIDIの出力にプラグインシンセが選択されているトラックになります。外付けの外部音源を使用している場合は変換できませんので気をつけましょう。

f:id:otomanavi:20160607194854j:plain

 

 

ソングエディタ画面でオーディオ化したいMIDIデータのクリップをクリックして選択します。クリップとは下の画面のような帯状のものです。

f:id:otomanavi:20160607194905j:plain

 

 

「オプション」→「オーディオ/ムービー」→「オーディオファイルに変換」を選択します。

f:id:otomanavi:20160607195048j:plain

 

 

「オーディオファイルに変換」ダイアログが表示されます。このまま「OK」ボタンをクリックします。

※チャンネル欄で「MONO」を選択するとモノラルデータに変換されます。

f:id:otomanavi:20160607195248j:plain

 

 

MIDIのクリップのすぐ下にトラックが一つ追加され、オーディオ化されたデータが表示されます。

f:id:otomanavi:20160607195343j:plain

 

とても少ない手順で簡単にオーディオ変換できました。

オーディオ変換することでプラグインエフェクトをかけたりとオーディオデータならではの編集ができるようになります。

便利な機能ですのでぜひ活用してみてください!

 

 

ご自宅のパソコンでABILITYの操作や作曲を学んでみませんか?

Skypeを使ったオンラインレッスンのミュージックスクールです。

www.otomanavi.com