オトマナビブログ

ミュージックスクール オトマナビ

ABILITY2.0 シャッフルの入力ができるシャッフル入力モード

8分音符のシャッフルが入力できるシャッフルモード

 

シャッフルとは跳ねたリズムのことです。

3連符の真ん中の音がなくなったリズムと同じものになります。

f:id:otomanavi:20160608222236j:plain

これまでも3連符を使うことでシャッフルを表現できていたのですが、3連符で入力するのが意外とめんどくさいのと、入力した後の譜面が3連符のカッコという表示がすべての音符についてしまってとても見にくい譜面になっていました。

 

そこでABILITY2.0から登場したのが入力する音符は8分音符そのままで、データを再生する時だけシャッフルのタイミングで音が鳴るというシャッフルモードです。

 

それではシャッフルの入力方法を見ていきましょう。

 

ノートパレットから8分音符をクリックして選択します。

f:id:otomanavi:20160608220533j:plain

 

8分音符が選択された状態で、もう一度クリックするとシャッフルモードになります。

f:id:otomanavi:20160608220540j:plain

 

 

実際に入力してみると、見た目は普通の8分音符で入力されます。

f:id:otomanavi:20160608220548j:plain

 

 

入力したデータをステップエディタで見てみるとGT(音符の長さ)とDev(発音のタイミング)が変化しています。

f:id:otomanavi:20160608220602j:plain

 

見比べてみましょう。 通常の8分音符で入力するとこのようになります。

f:id:otomanavi:20160608220614j:plain

 

 

シャッフルモードでの入力は裏拍に入力された音符の発音タイミング(Dev)が遅れて、その分音符の長さ(GT)が短くなっています。

ちょうど3連符の真ん中の音がない状態と同じように音符が鳴ります。

f:id:otomanavi:20160608220602j:plain

 

シャッフルモードを使って跳ねたリズムの曲を作ってみてはいかがでしょうか?

 

 

ご自宅のパソコンでABILITYの操作や作曲を学んでみませんか?

Skypeを使ったオンラインレッスンのミュージックスクールです。

www.otomanavi.com