読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オトマナビブログ

ミュージックスクール オトマナビ

Singer Song Writer Lite オーディオデータの保存方法

Singer Song Writer Lite 9でオーディオデータを保存する方法

 

Singer Song Writer Lite 9で制作したMIDIデータはオーディオデータに保存することができます。

f:id:otomanavi:20160612170403j:plain

オーディオデータにするときには、MIDIを鳴らしている音源がプラグインシンセ(VSCやHyperCanvasなど)である必要があります。

パソコン外付けのMIDI音源などを使われている場合はこの方法では保存できないのでご注意ください。

 

ファイルから「オーディオファイルに保存」を選択します。

f:id:otomanavi:20160612170413j:plain

 

「オーディオファイルに保存」ダイアログが表示されます。

f:id:otomanavi:20160612170421j:plain

 

「参照」ボタンをクリックします。

f:id:otomanavi:20160612170430j:plain

 

「オーディオファイルの保存」ダイアログが表示されます。

ファイルの名前、種類、保存したい場所を決めて「保存」ボタンをクリックします。

f:id:otomanavi:20160612170437j:plain

 

「オーディオファイルに保存」ダイアログに戻りますので、フォーマットを選択します。通常はCDクオリティと同じ、

サンプリングレート 44100

16ビット

STEREO

を選択しておくといいでしょう。

f:id:otomanavi:20160612170444j:plain

 

「OK」ボタンをクリックするとオーディオデータで保存されます。

f:id:otomanavi:20160612170451j:plain

 

MIDIからオーディオへの変換はデジタル変換されているので、ノイズなどもなく綺麗な音でオーディオ化されます。

保存できるファイルの形式はWAV、MP3、WMAで選択できます。

 簡単にできますのでぜひお試しください!

 

ご自宅のパソコンでSinger Song Writer、ABILITYの操作や作曲を学んでみませんか?

Skypeを使ったオンラインレッスンのミュージックスクールです。

www.otomanavi.com