読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音楽教室の先生が書くブログ

ミュージックスクール オトマナビ

ABILITY、Singer Song Writerの付属音源VSC、HyperCanvasを使いこなそう

ABILITY Singer Song Writer

バリエーション音色って知ってますか?

 

 ABILITY、Singer Song Writerに付属しているソフト音源のVSC、HyperCanvasには沢山の音色が用意されています。

 

ですが、みなさん音色を選択する時に表示されるトーンマップの最初の1ページ目だけから音色を選んだりはしていませんか?

 

最初に表示される音色マップはGM規格(MIDIの規格のことです)で決められている音色の種類だけになります。

 

これは異なるメーカーの音源を使ってMIDIデータを作っても互換が取れるように決められたものです。

 

実際に音源にはこの他にも実にさまざまな音色が用意されています。

 

それらの音色をバリエーション音色と呼びます。

 

今回はVSC、HyperCanvasのバリエーション音色の選び方をご紹介いたします。

 

 

まず、トラック表示部の音色をクリックします。

f:id:otomanavi:20160701170525j:plain

 

 

するとトーンマップが表示されます

f:id:otomanavi:20160701170532j:plain

 

 

お好きな音色を一度左クリックして選択します

f:id:otomanavi:20160701170540j:plain

 

 

そして音色名が青く選択されたところで、右クリックをするとバリエーション音色が表示されます。

f:id:otomanavi:20160701170546j:plain

 

 

バリエーション音色には選んだ音色と系統は一緒だけれども音色がちょっとだけ違うというような音色が用意されています。

f:id:otomanavi:20160701170552j:plain

 

ここではウクレレを選んでみました

f:id:otomanavi:20160701170557j:plain

 

「入力」ボタンをクリックすると音色が選択されます

f:id:otomanavi:20160701170602j:plain

 

ウクレレが選ばれました

f:id:otomanavi:20160701170606j:plain

 

いつも選んでいる音色とちょっとだけ違うものがほしい時は、右クリックをしてみましょう。バリエーション音色を使うことでよりイメージに近い音色が見つけられるかもしれません!

 

ご自宅のパソコンでSinger Song Writer、ABILITYの操作や作曲を学んでみませんか?

Skypeを使ったオンラインレッスンのミュージックスクールです。

www.otomanavi.com