読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オトマナビブログ

ミュージックスクール オトマナビ

七夕に歌う「ささのはさらさら」という歌詞の曲名知ってますか?

七夕の時期に歌う「ささのはさらさら」

f:id:otomanavi:20160707163554j:plain

小さいころよく七夕の時期に「ささのはさらさら~」と歌っていましたね

 

みなさん、あの曲の曲名知っていますか?

 

「ささのは」とか「ささのはさらさら」が曲名だと思っている方も多いのでは!

 

あの曲は「たなばたさま」という名前の曲です。

 

『たなばたさま』
ささの葉さらさら
のきばにゆれる
お星さまきらきら
金銀砂子

五しきのたんざく
わたしがかいた
お星さまきらきら
空からみてる

 

この歌詞の中で「のきば」とい言葉が出てきます。のきばって耳慣れない言葉ですね。

 

ちいさいころは意味もわからずに音の響きで覚えて歌っていました。

 

この「のきば」は軒(のき)の端(はし)のことを意味します。

 

一軒家の庭に屋根が突き出してるところですね。サザエさんの家を思い浮かべるといいかも。

 

おそらくこの歌詞を作った当時は七夕になると笹の葉を軒の端に飾りつけていて、それが風でさらさらゆれていたのだと思われます。

 

最近では七夕飾りをしている家は見かけなくなりましたね。

 

ここで、七夕あるあるネタ。

 

なぜ短冊に願いごとを書くのでしょう?

笹は神様を招く神聖なものとして考えられてきました。もともとは字が上手くなりますようにと神聖な笹に筆をつるして神様にお願いしていました。

 

そして江戸時代の寺子屋の子供たちが字が上手くなるように短冊に書いて笹につるしたのが短冊に願いを書く始まりになったようです。

 

今では字が上手くなるようにではなく、いろいろな願いを短冊に書くようになりました。

 

「ひこぼし」と「おりひめ」二人の関係は?

天の川で隔てられた「ひこぼし」と「おりひめ」が年に一度だけ再会できる日

 

よく恋人同士のお話のように思われていますが、二人は恋人同士ではありません。

 

実は二人は夫婦だったのです!

 

七夕のお話の中で夫婦ってちゃんと出てきています。

 

 

タカ印 七夕かざり 笹・小 長さ62cm 1本入 46-7798

タカ印 七夕かざり 笹・小 長さ62cm 1本入 46-7798

 

 

 

 

ご自宅のパソコンでDTMや作曲を学んでみませんか?

Skypeを使ったオンラインレッスンのミュージックスクールです。

www.otomanavi.com