読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オトマナビブログ

ミュージックスクール オトマナビ

ABILITY 2.0 Pro 付属音源 KOMPLETE ELEMENTSの使い方(1台で音色を複数使う)

ABILITY

Kontakt 5 は1台で音色を複数選択できます

 

前回に引き続きKOMPLETE ELEMENTS(Kontakt 5 )の使い方を解説していきます。

今回はKontakt 5 で複数音色を選択する方法です。

 

 Kontakt 5 は1台起動するだけで複数の音色を同時に使うことができます。

複数使う時に必要になってくる情報がチャンネル(CH)という情報になります。

このチャンネルをKontakt 5 側とABILITY側で揃えることでコントロールできます。

 

まずは前回のようにすでにKontakt 5 を起動して音色を1つ設定している状態から解説していきます。

f:id:otomanavi:20160710163256j:plain

 

Kontakt 5 の音色の選択方法などは過去の記事をご参照ください。

blog.otomanavi.com

 

blog.otomanavi.com

 

 

すでに音色が1つ選択されている状態から、もう1つ音色を選択します。音色の選択方法はKontakt 5 左側の音色名をダブルクリックして選択します。

f:id:otomanavi:20160710163300j:plain

 

 

選択するとKontakt 5 右側の画面に音色のエディターが表示されます。

f:id:otomanavi:20160710163304j:plain

 

 

最初に選択していた音色のエディター画面が大きく場所を取ってしまっていて見にくいので最小化してスペースを有効活用します。赤く囲ってある場所の「ー」をクリックします。

f:id:otomanavi:20160710163308j:plain

 

 

 最初に選択していたエディター画面が最小化されました。

f:id:otomanavi:20160710163311j:plain

 

 

 2番目の選択した音色のエディター画面に表示されているチャンネル(CH)を確認しましょう。ここではCH2と表示されています。

f:id:otomanavi:20160710163314j:plain

 

 

 ABILITY側のトラックで音源を設定します。

まずはOUTPUTでKontakt 5 を選択します。

f:id:otomanavi:20160710163318j:plain

 

 

次にKontake 5 側の選択した音源のエディター画面に表示されていたチャンネルの数字に合わせて、ABILITY側のトラックのチャンネル(CH)を揃えます。

f:id:otomanavi:20160710163321j:plain

 

チャンネルを揃えることでKontakt 5 で選択した音色が使えるようになります。

1台のプラグインシンセで複数の音色を管理できるのでKontakt 5 を複数台起動させるよりもパソコンへの負荷が減ります。

ぜひお試しください。

 

 

ご自宅のパソコンでSinger Song Writer、ABILITYの操作や作曲を学んでみませんか?

Skypeを使ったオンラインレッスンのミュージックスクールです。

www.otomanavi.com