読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音楽教室の先生が書くブログ

ミュージックスクール オトマナビ

ABILITY、Singer Song Writer アルペジエーターを使ったアルペジオを入力する

ABILITY Singer Song Writer

MIDIプラグインのアルペジエーターを使ってアルペジオを入力する

 

ABILITY、Singer Song Writerには入力したコード名からアルペジオフレーズを生成する機能(アルペジエーター)が付いています。

 

アルペジオとは分散和音ともいい、コード(和音)の構成音をバラけさせながら演奏する奏法です。弾く音の順番は決まっていませんので、1つのコードにたいしてとても多くのアルペジオパターンを作ることができます。

 

このアルペジオパターンは自分で考えながら音符をペタペタ入力していってもいいのですが、DAWにはだいたい自動でアルペジオフレーズを作ってくれるアルペジエーターなる機能がついていたりします。

 

ABILITY、Singer Song Writerにもアルペジエーターは搭載されているので今回はそちらの使い方をご紹介したいと思います。

 

 

こちらがABILITY、Singer Song Writerに搭載されているアルペジエーターです。

 f:id:otomanavi:20160710183455j:plain

 

 

アルペジエーターは「ツール」→「MIDIプラグイン」→「アルペジエーター」を選択することで表示されます。

f:id:otomanavi:20160710183456j:plain

 

 

 

アルペジエーターを使うにはコード名が必要になってきます。スコアエディタで先にコード名を入力しておきましょう。

f:id:otomanavi:20160710183458j:plain

 

 

アルペジオフレーズを作成する範囲を選択します。マウスカーソルを矢印カーソルにしてドラッグして選択します。

f:id:otomanavi:20160710183500j:plain

 

 

アルペジエーターからアルペジオのパターンを選択します。

f:id:otomanavi:20160710183502j:plain

 

 

アルペジオパターンを何分音符で演奏するか選択します。

f:id:otomanavi:20160710183504j:plain

 

 

アルペジオパターンを入力する音程を選択します。こちらのカーソルで音程を決めた後に下の「試聴」ボタンをクリックすることで音の高さを確認できます。

f:id:otomanavi:20160710183505j:plain

 

 

アルペジオパターンが決まったら「OK」ボタンをクリックします。

f:id:otomanavi:20160710183508j:plain

 

 

アルペジオフレーズが入力されました!

f:id:otomanavi:20160710183510j:plain

 

 こちらはアルペジオフレーズの高さを変えたものです。

f:id:otomanavi:20160710183515j:plain

 

コード名を入力しておけくだけでとても簡単にアルペジオフレーズを作ることができます。

便利な機能ですのでぜひお試しください!

 

 ご自宅のパソコンでSinger Song Writer、ABILITYの操作や作曲を学んでみませんか?

Skypeを使ったオンラインレッスンのミュージックスクールです。

www.otomanavi.com