読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音楽教室の先生が書くブログ

ミュージックスクール オトマナビ

ABILITY、Singer Song Writer ドラムに自動でアクセントを付ける

ABILITY Singer Song Writer

ドラムのアクセントはこれにおまかせ!

 

前回のメロディにアクセントを付ける機能に引き続き、今回はドラムのベロシティを自動で調整してくれる機能のご紹介です。

ドラムではハイハットにベロシティで強弱をつけてあげることでグルーブ(ノリ)が出てきます。

 

前回の記事はこちらです

blog.otomanavi.com

 

ドラムのパターンを入力しておきます。画面はピアノロールエディタです。

f:id:otomanavi:20160713172620j:plain

 

 

「ツール」→「MIDIプラグイン」→「ドラムアクセント」を選択します。

f:id:otomanavi:20160713172622j:plain

 

 

ドラムアクセントシミュレータが表示されます。

f:id:otomanavi:20160713172625j:plain

 

 

アクセントパターンとアクセントをつけたいNoteナンバーを設定します。

入力しているデータの音符の細かさに合わせてアクセントパターンを設定するといいでしょう。今回は8分音符の細かさでデータを入力しているので、8Beatというパターンを選択しました。

f:id:otomanavi:20160713172626j:plain

 

 

Noteナンバー42はクローズハイハットの音になります。ピアノロールエディタ画面の左手の音色の横でNoteナンバーが確認できます。

f:id:otomanavi:20160713172628j:plain

 

 

「感度」でどれくらいの度合いでアクセントをつけるかを設定します。右に行くほど強弱の差が大きくなります。

f:id:otomanavi:20160713172630j:plain

 

 

矢印カーソルモードボタンを点灯させて、アクセントをつけたい範囲をマウスでドラッグして選択します。

f:id:otomanavi:20160713172631j:plain

 

 

「OK」ボタンをクリックするとデータが反映されます。

f:id:otomanavi:20160713172633j:plain

 

 

ハイハットの音だけベロシティに変化が付きました。ピアノロールエディタでドラムを表示した時は入れた音ごとに棒グラフでベロシティが表示されています。

f:id:otomanavi:20160713172635j:plain

 

「感度」の値を変えてみて何回か試聴しながら自分ごのみのノリを探していってみてください!

 

 

ご自宅のパソコンでSinger Song Writer、ABILITYの操作や作曲を学んでみませんか?

Skypeを使ったオンラインレッスンのミュージックスクールです。

www.otomanavi.com