読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オトマナビブログ

ミュージックスクール オトマナビ

ABILITY、Singer Song Writer クォンタイズで音のタイミングを補正

MIDIの音符のタイミングを自動で補正

 

MIDIキーボードなどを使ってリアルタイムで音符を録音することをリアルタイムレコーディングといいます。

 

MIDIキーボードを使うことによって音符の入力スピードが上がるのでとても便利な入力方法です。

 

この便利なリアルタイムレコーディングなのですが、録音されたMIDIデータは鍵盤を弾いたタイミングがそのまま反映されるので譜面で見ると少々見ずらい譜面になってしまいます。

f:id:otomanavi:20160716231031j:plain

 

 

また音のタイミングがずれるということは入力したデータを再生して聴いてみた時にずれて聴こえるということでもあります。これは下手な演奏に聴こえてしまうのでちょっとまずいかもしれませんね。

そんな時にはクォンタイズという便利な機能があります!

クォンタイズはリアルタイムレコーディングでタイミングがずれた音符をジャストのタイミングに修正してくれる機能なんです。

実際に下の写真のようにずれたデータにクォンタイズをかけてみましょう。

f:id:otomanavi:20160716231034j:plain

 

 

 

矢印カーソルボタンを点灯させ修正したい音符の範囲をドラッグして選択します。

f:id:otomanavi:20160716231036j:plain

 

 

 

「編集」→「MIDIトラック編集」→「クォンタイズ」を選択します。

f:id:otomanavi:20160716231037j:plain

 

 

 

「MIDIトラック編集」ダイアログが表示されます。クォンタイズのタブが選択されている状態で表示されます。

f:id:otomanavi:20160716231039j:plain

 

 

 

タイミング修正したい音符のグリッドを選択します。これは自分が弾いた一番小さい細かさの音符に合わせましょう。例えば16分音符で演奏しているのに8分音符でクォンタイズをかけてしまうと音符が8分音符のタイミングに合わさってしまい音符が重なってしまいます。

今回は自分で弾いた音符の細かさは4分音符だったので、クォンタイズで選択できる最大の大きさの8分グリッドを選択します。

f:id:otomanavi:20160716231040j:plain

 

 

「実行」をクリックするとクォンタイズが反映されます。

f:id:otomanavi:20160716231041j:plain

 

 

音符の頭のタイミングがジャストになりました。

f:id:otomanavi:20160716231043j:plain

 

 

スコアエディタ(譜面)で見てみると綺麗な音符で表示されているのがわかります。

f:id:otomanavi:20160716231045j:plain

 

クォンタイズはとても便利な機能です。ぜひ覚えて活用してみてください!

 

 

ご自宅のパソコンでSinger Song Writer、ABILITYの操作や作曲を学んでみませんか?

Skypeを使ったオンラインレッスンのミュージックスクールです。

www.otomanavi.com