読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オトマナビブログ

ミュージックスクール オトマナビ

ABILITY、Singer Song Writer リバースシンバルの作り方

リバースシンバルを自分で作ってみましょう!

 

楽曲のサビなどの前で盛り上げ役としてよく使われるリバースシンバル。

何か金物のような音がシャーー-と聞こえる効果音、だんだん音が大きくなって音に巻き込まれるような効果を演出してくれます。

実はこれはクラッシュシンバルの音を逆回転させたものなんです。

シンバルを逆回転(リバース)したのでリバースシンバルと呼ばれています。

オーディオループなどのサンプル集を買うと効果音として収録されていたりしますが、これは自分でも案外簡単に作ることができます!

今回はリバースシンバルの作り方をご紹介していきます。

f:id:otomanavi:20160731182457j:plain

 

 

 

 

まずはクラッシュシンバルのオーディオデータを1つ用意します。今回はフレーズ機能を使ってソフトに収録されているオーディオデータを1つ読み込みました。

f:id:otomanavi:20160731182500j:plain

 

 

 

 

矢印カーソルモードボタンをクリックして点灯させます。

f:id:otomanavi:20160731182502j:plain

 

 

 

 

オーディオクリップの上で右クリックをして表示されるメニューから「ウェーブエディタで開く」を選択します。

※オーディオクリップをダブルクリックしてもウェーブエディタを開くことができます。

f:id:otomanavi:20160731182504j:plain

 

 

 

 

フレーズから持ってきたデータの時はこのようなダイアログがでることがあります。ここは「OK」をクリックしておきましょう。

f:id:otomanavi:20160731182506j:plain

 

 

 

 

ウェーブエディタが開きました。

f:id:otomanavi:20160731182508j:plain

 

 

 

 

波形の中央近辺を右側から左側に向けてドラッグして黒く反転させます。

f:id:otomanavi:20160731182510j:plain

 

 

 

 

「オプション」→「加工」→「リバース」を選択します。

f:id:otomanavi:20160731182512j:plain

 

 

 

 

オーディオ波形がリバースしました。

f:id:otomanavi:20160731182515j:plain

 

 

 

 

編集したオーディオを保存します。画面右上の閉じるボタンをクリックします。

f:id:otomanavi:20160731182517j:plain

 

 

 

 

ダイアログが表示されるので「はい」をクリックします。

f:id:otomanavi:20160731182520j:plain

 

 

 

 

次に保存場所と保存するファイル名を決めます。決めたら「保存」ボタンをクリックします。

f:id:otomanavi:20160731182522j:plain

 

 

 

 

オーディオファイルの新規保存ダイアログが表示されたら、「OK」をクリックします。

f:id:otomanavi:20160731182524j:plain

 

 

 

 

オーディオデータがリバースされました!聴いてみると結構迫力があります。

f:id:otomanavi:20160731182526j:plain

 

こんな感じでリバースシンバルは簡単に作ることができます。

色々なシンバルの音色をリバースして自分のオリジナルなリバースシンバルを作ってみましょう!

 

ご自宅のパソコンでSinger Song Writer、ABILITYの操作や作曲を学んでみませんか?

Skypeを使ったオンラインレッスンのミュージックスクールです。

www.otomanavi.com