読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音楽教室の先生が書くブログ

ミュージックスクール オトマナビ

ABILITY、Singer Song Writer 反復記号の入力と展開の仕方

ABILITY Singer Song Writer

反復記号の入力方法と展開方法

 

同じ部分を繰り返し演奏するという反復記号は見やすい譜面を作るときにはとても便利な記号です。

普通のDAWなどではこういった反復記号などの入力ができるものはあまり見かけません。そんな反復記号などの入力に対応しているところもABILITY、Singer Song Writer シリーズのすばらしさといえます。

譜面を見ながら制作される方にはうれしい機能ですね。

f:id:otomanavi:20160804124941j:plain

 

 

 

 反復記号の入力はノートパレットの「反復」タブをクリックします。

f:id:otomanavi:20160804124942j:plain

 

 

 

反復記号をクリックします。その他ダルセーニョなども入力できたりします。

f:id:otomanavi:20160804124944j:plain

 

 

 

繰り返しの小節を指定します。指定しおえたら「入力」ボタンをクリックします。

f:id:otomanavi:20160804124946j:plain

 

 

 

指定した小節の部分に反復記号が入力されました。

f:id:otomanavi:20160804124948j:plain

 

 

 

 

反復記号は譜面をプリントアウトする時などには便利なのですが、DTMでは曲の1番と2番でアレンジを変えたりなど反復記号を使わないで実時間で入力した方がいい場合もあります。そんな時は「反復記号を展開」するという機能を使いましょう。データを入れ直すことなく反復記号を展開した状態にしてくれます。

f:id:otomanavi:20160804124949j:plain

 

 

 

「編集」→「反復記号を展開」をクリックします。

f:id:otomanavi:20160804124951j:plain

 

 

 

反復記号が展開されました!これは便利ですね!

f:id:otomanavi:20160804124953j:plain

 

反復記号の入力方法とその展開方法でした。

セットで覚えておいてご活用ください!

 

ご自宅のパソコンでSinger Song Writer、ABILITYの操作や作曲を学んでみませんか?

Skypeを使ったオンラインレッスンのミュージックスクールです。

www.otomanavi.com