読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音楽教室の先生が書くブログ

ミュージックスクール オトマナビ

ABILITY、Singer Song Writer 反復記号入りの譜面をオーディオに書き出す

ABILITY Singer Song Writer

反復記号入りの譜面も簡単にオーディオデータに書き出すことができます

 

反復記号などの記号を入れて制作したデータはそのままオーディオデータに書き出すことができます。

これはどういうことかというと、反復記号の分もきちんと計算してオーディオデータに書き出してくれるということです。

記号入りの譜面を作られている方にはとても便利な機能ですね。

 

それではオーディオデータの書き出しまでの手順をご紹介しましょう。

反復記号が入った譜面になります。

f:id:otomanavi:20160806153424j:plain

 

 

 

 

「ファイル」→「オーディオファイルに保存」をクリックします。

f:id:otomanavi:20160806153425j:plain

 

 

 

 

ファイルを保存する場所を選択するには「変更」ボタンをクリックします。保存場所はデスクトップなどにしておくと後でファイルを見つけやすくなります。

f:id:otomanavi:20160806153427j:plain

 

 

 

ここがポイントです!「繰り返し記号を反映する」のチェックボックスにチェックを入れることで反復記号の分も計算して書き出してくれるようになります。

f:id:otomanavi:20160806153429j:plain

 

 

 

後でCDなどに焼きたい時はサンプリングレートとビット解像度を以下のように設定しておきましょう。この値がオーディオCDの規格の値になります。

f:id:otomanavi:20160806153431j:plain

 

 

 

「実行」をクリックすることで書き出されます。

f:id:otomanavi:20160806153432j:plain

 

書き出されたWAV(オーディオデータ)を聞いてみると、きちんと反復記号の分も反映されていました!

チェックボックスにチェックを入れるだけなので反復記号などを使われるかたは覚えておくと便利かもしれません。

 

ご自宅のパソコンでSinger Song Writer、ABILITYの操作や作曲を学んでみませんか?

Skypeを使ったオンラインレッスンのミュージックスクールです。

www.otomanavi.com