読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オトマナビブログ

ミュージックスクール オトマナビ

ABILITY、Singer Song Writer ハーモニーの作り方2

AUTOハーモナイズ機能を使ってさらに細かくハーモニーを作る

 

ポップスでもよく見かけるハモリのパート、「AUTOハーモナイズ」という機能を使うことで簡単に作ることができます。

 AUTOハーモナイズ機能の紹介は前回の記事をご参照ください。続きになってますのでまずは前回の記事から読まれることをオススメします。

blog.otomanavi.com

今回はさらに細かくハーモニーを作りこんでいこうと思います。

そこで紹介するのが「FIX」モードです。

f:id:otomanavi:20160809161836j:plain

 

 

 

「FIX」モードでは作り出すハーモニーのINTERVAL(音程)を自由に指定することができます。

f:id:otomanavi:20160809161839j:plain

 

 

 

音程が書かれたところをクリックすることで音程を選択できます。

f:id:otomanavi:20160809161841j:plain

 

 

 

「INTERVAL」で音程を選んだら次に「AUTO CORRECT」を選択します。

この選択によって作られるハーモニーが変わってきます。

まずは「OFF」を選択してみます。選択は四角をクリックして緑色に点灯させます。

f:id:otomanavi:20160809161843j:plain

 

 

 

「OK」をクリックします。

f:id:otomanavi:20160809161844j:plain

 

 

 

出来上がったものがこちらです。

指定した音程できっちりとハーモニーを作ってくれました。

ですが、ハ長調でこれだけシャープやフラットが付いてしまってはちょっと微妙な響きになってしまいます。

f:id:otomanavi:20160809161847j:plain

 

 

 

次に「CHORD」で試してみました。

これは指定した音程で作ったハーモニーで調以外の音が出てきてしまっている箇所をコードの構成音に置き換えてくれています。

実際にハーモニーを作る時にも同じようなことをするので、これを自動でやってくれるとはかなり実用的な機能だと思います。

f:id:otomanavi:20160809161848j:plain

 

 

 

こんどは「KEY」で試してみました。

これは先ほどと同じく、指定した音程で作ったハーモニーで調以外の音が出てきてしまっている箇所を調(KEY)の音に置き換えてくれています。

これもハーモニーを作る時によくやる作業なので、これを自動でやってくれるのは助かります。こちらもかなり実用的ですぐに使えそうな機能ですね!

f:id:otomanavi:20160809161850j:plain

 

このように「FIX」モードではさらに細かいハーモニーを作ることができます。

音程などを選択する時に楽典の知識が多少必要になるかもしれませんが、頑張ってでも使う価値があるとても実用的な機能だと思います。

ぜひみなさんもAUTOハーモナイズ機能を使って色々なハーモニーを作ってみてください!

 

ご自宅のパソコンでSinger Song Writer、ABILITYの操作や作曲を学んでみませんか?

Skypeを使ったオンラインレッスンのミュージックスクールです。

www.otomanavi.com