読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オトマナビブログ

ミュージックスクール オトマナビ

SONAR オーディオファイルからテンポを自動で検出してみた

SONAR

簡単操作でテンポ検出できます

 

SONARの新しい機能にオーディオファイルからテンポを自動で検出するものがあります。途中でテンポが変わっている曲でもテンポの変化をテンポマップとして記録してくれます。

この機能はMelodyne 4のテンポ検出機能とSONARのARAテクノロジーが活用されているそうです。

さっそく試してみましょう!

 

欅坂46の『サイレントマジョリティー』を使って実験してみました。

サイレントマジョリティー

サイレントマジョリティー

 

 

 

オーディオデータを用意します。

f:id:otomanavi:20160813171653j:plain

 

 

 

オーディオのクリップを掴んでタイムルーラー上(緑の矢印位置)にドラッグするだけ!これでテンポを自動検出してくれます。

f:id:otomanavi:20160813171910j:plain

 

 

 

実際にテンポがどのようになったのかテンポウィンドウを開いてみてみましょう。

「表示」→「テンポ」で表示できます。

f:id:otomanavi:20160813171657j:plain

 

 

 

画像が小さくて見にくいですが、テンポが検出されたテンポに設定されています。

この曲はテンポが一定で変わっていないようです、打ち込み曲かもしれませんね。

f:id:otomanavi:20160813171658j:plain

 

 

 

本当にテンポがあっているのかメトロノームを付けて再生してみました。

結果ぴったりあっていました!

f:id:otomanavi:20160813171700j:plain

 

 

 

今度は少し意地悪して同じ曲でワザと曲の頭を合わせないで意図的に空白を作ってみました。

その結果テンポのずれは0.01だけずれましたがほぼ同じ結果が得られました。

なかなか性能がいいですね!

f:id:otomanavi:20160813172823j:plain

 

 

楽曲のテンポを調べる時はいままでタップテンポやオーディオスナップを使って調べていましたが、この機能はドラッグするだけと簡単すぎます!

 Melodyne 4はなかなかやりますね。いつの日かコードの自動判定もついてくれたらと期待したいところです。

 

SONARのレッスンなら「オンラインミュージックスクールのオトマナビ」

Skypeを使ってご自宅のパソコンでSONARのレッスンが受けられます。

 

レッスンを体験できる「無料カウンセリング」を随時募集しています。 www.otomanavi.com