読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オトマナビブログ

ミュージックスクール オトマナビ

SONAR でAddictive Drums 2をパラアウトして録音するには

SONAR

ソフトシンセはリアルタイムでオーディオ録音できます

 

ソフトシンセの音をオーディオトラックに直接録音できるようになりました。

ドラムなどのパラアウトできる音源を使用している時にはとても便利そうな機能だと思うので実際にAddictive Drums 2を使用して録音を試してみました。

 

Addictive Drums 2でMIDIパターンを貼り付けてある状態です。

f:id:otomanavi:20160815171025j:plain

 

 

「Add Track」をクリックします。

f:id:otomanavi:20160815171028j:plain

 

 

インプットを選択します。

f:id:otomanavi:20160815171030j:plain

 

 

まず始めにAddictive Drums 2のMasterを選んでみました。これでシンセの音が録音できるかどうか試せます。

f:id:otomanavi:20160815171032j:plain

 

 

「作成」をクリックします。

f:id:otomanavi:20160815171034j:plain

 

 

オーディオトラック(インプットがAddictive Drums 2に設定されたシンセトラック)が1つ出来上がりました。

f:id:otomanavi:20160815171035j:plain

 

 

録音ボタンをクリックして録音してみます。

f:id:otomanavi:20160815171037j:plain

 

 

キックやらスネア、ハイハットなどのすべてのドラムの音がきちんと録音されました!

f:id:otomanavi:20160815171039j:plain

 

 

 次はいよいよパラで録音してみます。

今度はインプットでキックを選択してトラックを1つ作ります。

f:id:otomanavi:20160815171041j:plain

 

 

次にAddictive Drums 2のエディター画面を表示して赤く囲った部分をクリックします。

f:id:otomanavi:20160815171043j:plain

 

 

「Separate Out (Post Fader)」を選択します。

f:id:otomanavi:20160815171044j:plain

 

 

キックのフェーダーの下に緑色のランプが点灯しました。

f:id:otomanavi:20160815171046j:plain

 

 

録音してみると、きちんとキックだけの音が録音できました!

f:id:otomanavi:20160815171048j:plain

 

 

同じ要領でキック、スネア、ハイハットを録音してみました。

これもきちんと録音できました。

f:id:otomanavi:20160815171050j:plain

 

まとめますと・・・

①オーディオトラックを追加してインプットからシンセのパラアウト先を選択

②Addictive Drums 2のミキサー画面の各ドラムの出力先を「Separate Out (Post Fader)」にして緑色のランプを点灯させる

③シンセのパラアウト先を選択したオーディオトラックの録音待機ボタンを点灯させてリアルタイムレコーディングする

これでAddictive Drums 2の各ドラムをパラでオーディオ録音することができます。

ちょっとひと手間ありますが、ミックスなどでそれぞれをオーディオに変換したい時などにとても便利ですね。

みなさんもぜひ活用してみてください!

 

SONARのレッスンなら「オンラインミュージックスクールのオトマナビ」

Skypeを使ってご自宅のパソコンでSONARのレッスンが受けられます。

 

レッスンを体験できる「無料カウンセリング」を随時募集しています。 www.otomanavi.com