読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オトマナビブログ

ミュージックスクール オトマナビ

SONAR 新しく搭載されたLPEQを使ってみた2

SONAR

LPEQのアナライザーを使いこなす

 

LPEQはアナライザーがついたイコライザーです。

音を耳で確認しながらイコライザーを使用しますが、これは経験やカンのようなものが仕上がりに影響してきます。

イコライザーに慣れていないうちはどこの周波数帯に音があって自分でイコライザー処理したらどう変化したのかを把握するのはなかなか困難です。

そんな時に便利なのがアナライザー付きのイコライザーになります。

音の周波数の成分をEQバンドの上に合わせて表示してくれるので、イコライザーに慣れていない方でも視覚的に操作しやすくなります。

今回はLPEQに付いているアナライザーの設定方法などを紹介していきましょう。

f:id:otomanavi:20160821180208j:plain

 

 

「EXPERT」をクリックします。

f:id:otomanavi:20160821180210j:plain

 

 

アナライザーは

「Pre」・・・エフェクト前(EQがかかる前)の音が表示されます

「Post」・・・エフェクト後(EQがかかった後)の音が表示されます

「Both」・・・エフェクト前と後の両方が表示されます

で切り替えできます。

f:id:otomanavi:20160821180212j:plain

 

 

「Both」を選んでみます。

f:id:otomanavi:20160821180214j:plain

 

 

このようにエフェクト前とエフェクト後の音がアナライザーで表示されます。

アナライザーを見ながらEQポイントを設定できるのでとても便利ですね!

f:id:otomanavi:20160821180216j:plain

 

 

またアナライザーの感度を設定することもできます。

f:id:otomanavi:20160821180218j:plain

 

 

Slow、Medium、Fastの3段階で調整可能です。細かい反応を見たいときはFastもありです、Slowはちょっと反応が遅すぎるので通常はMediumのままでOKかもしれません。

f:id:otomanavi:20160821180219j:plain

 

SONARのレッスンなら「オンラインミュージックスクールのオトマナビ」

Skypeを使ってご自宅のパソコンでSONARのレッスンが受けられます。

 

レッスンを体験できる「無料カウンセリング」を随時募集しています。 www.otomanavi.com