読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オトマナビブログ

ミュージックスクール オトマナビ

SONAR フェードイン、フェードアウトの作り方

マウス1つでフェードインとフェードアウトが作れます

 

SONARではオーディオクリップで簡単にフェードインとフェードアウトを作ることができます。

フェードインとはだんだんと音量が大きくなっていくもの、そしてフェードアウトはだんだんと音量が小さくなっていくものです。

フェードアウトなどは楽曲の最後などで、サビを繰り返しながらだんだんと音量が小さくなっていくものをたびたび見かけます。

そんなものもオーディオクリップのフェードを使うことで簡単に再現できます。

 

f:id:otomanavi:20160829162606j:plain

 

 

オーディオクリップ端の上1/3くらいのところにマウスを持っていきます。

f:id:otomanavi:20160829162608j:plain

 

 

クリップの端に赤いラインが表れ、マウスカーソルに三角の絵が表示されます。

f:id:otomanavi:20160829162613j:plain

 

 

マウスを右側に向けてドラッグすることでフェードがかかります。

フェードがかかるとクリップの波形も音量に合わせて大きさが変わります。

f:id:otomanavi:20160829163431j:plain

 

 

ドラッグした後に右クリックをすることでフェードのカーブも選択できます。

f:id:otomanavi:20160829162616j:plain

 

 

今度はクリップの後ろの赤く囲った部分にマウスを持っていってフェードアウトを作ってみましょう。

f:id:otomanavi:20160829162615j:plain

 

 

フェードインと同じようにドラッグすることでフェードアウトが作れました。

f:id:otomanavi:20160829162617j:plain

 

 

フェードのカーブをファーストカーブに変えてみます。

f:id:otomanavi:20160829163826j:plain

 

 

 

こんな感じになりました!f:id:otomanavi:20160829162621j:plain

 

このようにマウスだけで簡単にフェードを作ることができました。

楽曲全体でフェードアウトをかけたい場合などは、オートメーションを使ってボリュームの情報を書き込むなどでも作ることができますが、今回紹介したオーディオのクリップのフェードアウトを使うことでも作ることができます。

作った楽曲を一度1本のオーディオデータ(2Mix)にします。そしてそのオーディオのクリップで今回のフェードアウト処理をするだけです。結構簡単にできるのでぜひお試しください!

 

SONARのレッスンなら「オンラインミュージックスクールのオトマナビ」

Skypeを使ってご自宅のパソコンでSONARのレッスンが受けられます。

 

レッスンを体験できる「無料カウンセリング」を随時募集しています。 www.otomanavi.com