読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オトマナビブログ

ミュージックスクール オトマナビ

SONAR オーディオデータの音量を大きくする(ノーマライズ)

ノーマライズでオーディオクリップの音を大きくできます

 

オーディオデータの波形が小さく音が小さいなんてことはありませんか?

ギターや歌をオーディオ録音した時や、ソフトシンセの音をオーディオ化した時などにしばしば波形が小さくなってしまうことがあります。

こんな時はトラックのボリュームツマミで音量を上げる前に、まずはノーマライズという処理を試してみましょう。

ノーマライズとはオーディオデータの波形を大きく引き伸ばしてくれる機能です。

通常オーディオデータをボリュームなどで音を大きくしすぎると音割れというノイズが乗ってしまうことがあります。

クリッピングといって音が0dBを超えてしまったときにおこる現象です。

そこでノーマライズ!

このノーマライズが素晴らしいのが、波形を大きくしていく、このクリッピングをおこさないギリギリで自動的にとめてくれるんです。

便利な機能ですね~

 

こんなオーディオクリップがあったとします。

f:id:otomanavi:20160829165440j:plain

 

 

一度クリックしてクリップを選択しておきます。

f:id:otomanavi:20160829165442j:plain

 

 

「プロセス」→「エフェクトの反映」→「ノーマライズ」を選択します。

f:id:otomanavi:20160829165445j:plain

 

 

ここでどこまで波形を大きくするか設定できます。

通常はこの0dBのままで大丈夫です。

f:id:otomanavi:20160829165448j:plain

 

 

「OK」をクリックします。

f:id:otomanavi:20160829165450j:plain

 

 

波形が大きく引き伸ばされました。波形に合わせて音量も上がっています。

f:id:otomanavi:20160829165453j:plain

 

 

ノーマライズは波形を平均的に大きく引き伸ばします。ですのでどこか波形の大きい箇所が0dBに到達した時点で波形の引き伸ばしをストップします。

f:id:otomanavi:20160829165456j:plain

 

小さい波形のデータのままミックスなどをしていくと、無駄にトラックのボリュームを上げなくてはいけなくなります。波形が少し小さいなと感じたときはまずはノーマライズを試してみましょう!

最後にノーマライズの注意点もお伝えしておきます。

・ノーマライズは音を平均的に大きくします。ですのでノイズがあるオーディオデータはノイズも大きくなってしまいます。

・ドラムのシンバルなどで1箇所だけオーディオの波形が飛び出して大きいデータなどでは、その部分が0dBにかかるまでしか大きくできないので効果が薄いときもあります。

ノーマライズの仕組みを理解してうまく活用してみてください!

 

関連記事:音圧上げで音を大きく!音量と音圧の違いとは?

blog.otomanavi.com

 

SONARのレッスンなら「オンラインミュージックスクールのオトマナビ」

Skypeを使ってご自宅のパソコンでSONARのレッスンが受けられます。

 

レッスンを体験できる「無料カウンセリング」を随時募集しています。 www.otomanavi.com