読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オトマナビブログ

ミュージックスクール オトマナビ

ギターの表記法と実音の関係 その1

音楽理論 打ち込みテクニック

ギターの表記法と実音の関係 その1

 

みなさんこんにちは、オトマナビ講師の鈴木です。

私はDTMの講師の他にフラメンコギターの演奏もしてます。

その経験を生かしてDTMとギターに関する情報などを書いていけたらと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします!

 

ギターは実音域より1オクターブ上に記譜されます。

DTMでギターの譜面を入力するときにはオクターブに注意する必要があります。

例えばオープンコードのCはギター用の譜面では次のように記譜されます。

 

f:id:otomanavi:20160901220405j:plain


これを実音で表記してみると。

 f:id:otomanavi:20160901220423j:plain

 

いがいと低いでしょう?



更に、ピアノロールで見てみると。

f:id:otomanavi:20160901220532j:plain

 

DTMでギターの譜面を入力する時は1オクターブ下げて入力しましょう。

 

クラシックギターの譜面ではピアノと同じニ段譜で出版された作品があるそうです。

ただ、不評だったそうで後に1オクターブ上に記譜される通常の一段譜に書き換えられたそうです。

 

DTMのレッスンなら「オンラインミュージックスクールのオトマナビ」

Skypeを使ってご自宅のパソコンで作曲やDTMが学べます!

 

レッスンを体験できる「無料カウンセリング」を随時募集しています。 www.otomanavi.com