読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オトマナビブログ

ミュージックスクール オトマナビ

SONAR スタートスクリーンに出てくる「最近のファイル」を消したい

スタートスクリーンは最近使ったファイルが表示されます

 

SONARのアップデートによって搭載されたスタートスクリーンは使いやすくて便利な機能ですね。

このスタートスクリーンですが開くと同時に最近作業したプロジェクトが表示される使用になっています。

作業の続きのプロジェクトをさっと選択できるのは便利なのですが、結構昔に使ったプロジェクトの名前なども出てきてしまってちょっと煩雑な感じもあります。

そこで整理する意味も含めて使っていないプロジェクトの名前をここに表示させないようにしてみたいと思います。

 

SONARを開くと同時にスタートスクリーンが開きます。

最近のファイルに1つプロジェクトが表示されています。今回はこれを消す手順を紹介していきます。

f:id:otomanavi:20160904134251j:plain

 

このプロジェクトはデスクトップ上に保存されているファイルです。

f:id:otomanavi:20160904134254j:plain

 

このファイルをどこか別の階層のフォルダなどに移動、もしくはファイルを削除します。

f:id:otomanavi:20160904134300j:plain

 

もういちどスタートスクリーンを見てみると「最近のファイル」からさきほどのプロジェクトが消えています!

f:id:otomanavi:20160904134302j:plain

※「最近のファイル」が1つもない場合はスタートスクリーンを開くと「テンプレートを使用」が選択された状態で開きます。

 

「最近のファイル」に表示されるプロジェクトは、そのプロジェクトが保存されているファイルの場所をSONARが読みにいって表示しています。

ですので、ファイルの場所を移動してあげることで、スタートスクリーンに表示されなくなります。

逆にいつも作業しているファイルが「最近のファイル」のところに表示されないといった方は作業したファイルを移動しているのかもしれませんね。

 

 

余談ですが、赤く囲った部分をクリックすることで表示を切り替えられます。こちらは文字での表示になります。

f:id:otomanavi:20160904134256j:plain

 

こちらが画像での表示です。

f:id:otomanavi:20160904134258j:plain

表示方法を切り替えられます。たくさん表示させたいときなどは文字での表示に切り替えたりと活用しましょう。

 

 

SONARのレッスンなら「オンラインミュージックスクールのオトマナビ」

Skypeを使ってご自宅のパソコンでSONARのレッスンが受けられます。

 

レッスンを体験できる「無料カウンセリング」を随時募集しています。 www.otomanavi.com