読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音楽教室の先生が書くブログ

ミュージックスクール オトマナビ

SONAR パソコンの動きが遅くなったときの対処法(トラックのフリーズ)

SONAR

トラックをフリーズするとパソコンへの負荷が減ります

トラックやプラグインシンセにはフリーズ機能というものが搭載されています。

SONARではデータを再生する時にパソコンがプラグインなどの計算をしながら音を出しています。そのためプラグインなどが増えてくるとパソコンに負荷がかかってきてしまいます。

そんな時はフリーズという機能を使うことで再生時に負荷がかかるプラグインなどを一時的にオーディオ化します。オーディオ化された後はプラグインは負荷がかからないようにバイパス(音の信号が来なくなる)されます。

フリーズは複数のトラックを選択して同時に行うことができます。

f:id:otomanavi:20161015202856j:plain

 

 

例としてこの二つのトラックを同時にフリーズしてみましょう。

f:id:otomanavi:20161015202859j:plain

 

 

まずフリーズですが、このボタンをクリックするとトラックがフリーズされます。

f:id:otomanavi:20161015202901j:plain

 

 

フリーズされるとこんな感じの色でオーディオ化されます。

f:id:otomanavi:20161015202903j:plain

 

 

複数のトラックを同時にフリーズするには、まずトラック番号の部分をドラッグして選択します。

f:id:otomanavi:20161015202905j:plain

 

 

パソコンの「Ctrl」ボタンを押しながら、どちらかのトラックのフリーズボタンをクリックすると同時にフリーズされます。

f:id:otomanavi:20161015202906j:plain

 

 

実際にプラグインをそれぞれのトラックに挿入して同時にフリーズしてみました。

プラグインはバイパスされて機能しなくなりましたが、フリーズされたオーディオデータにはプラグインの効果は反映されています。

f:id:otomanavi:20161015203407j:plain

 

今回はプラグインエフェクトが入ったオーディオトラックでフリーズしてみましたが、プラグインシンセのシンセトラックなども同じようにフリーズすることでパソコンの負荷が減ります。

パソコンの動きが遅くなった時などは一度フリーズなどもお試しください!

 

SONARのレッスンなら「オンラインミュージックスクールのオトマナビ」

Skypeを使ってご自宅のパソコンでSONARのレッスンが受けられます。

 

レッスンを体験できる「無料カウンセリング」を随時募集しています。 www.otomanavi.com