オトマナビブログ

ミュージックスクール オトマナビ

初音ミクV4X 入力講座中級編2(DYNで音の大きさを調整して表情をつける)

DYNで音の大きさを調整して表情をつける

DYNはDynamics(ダイナミクス)の略で音符の音量を調整することができるパラメーターです。

同じようなパラメーターでボリュームというものもありますが、ボリュームはパート(トラック)全体の音量の調整で使います。一方ダイナミクスは長く伸ばした音がだんだん小さくなっていくといったような曲中で音に変化を付けるときに使用します。

f:id:otomanavi:20161019150322j:plain

 

 

DYNボタンをクリックします。

f:id:otomanavi:20161019150326j:plain

 

 

ダイナミクスを編集できるレーンが画面下に表示されます。

f:id:otomanavi:20161019150328j:plain

 

 

スライダーが付いていて、これをドラッグすると全体の音量が調整できます。

スライダーの右側に見えている青い線が現在の音量(ダイナミクスのレベル)です。

f:id:otomanavi:20161019150330j:plain

 

 

左にドラッグすると音量も下がりました。

f:id:otomanavi:20161019150331j:plain

 

 

右側で音量が上がります。

f:id:otomanavi:20161019150333j:plain

スライダーでの音量調整はボリュームというパラメーターがあるので、ダイナミクスでの全体の調整はあまりおこなわないかもしれません。

あえて使うとしたら、ダイナミクスを変えることで音質も少し変わります。値を小さくすることでやわらかい声質になるので、声質の調整という意味でスライダーの調整はありかもしれません。

 

 

次に実際によく使うパターンをご紹介します。

音が伸びているときに音の終わりのほうで音量がだんだんと小さくなっていき自然と音が消える使い方です。

ペンツールでドラッグして音量を書き込みます。

f:id:otomanavi:20161019150334j:plain

 

 

書き込むとこのように緑色で表示されます。

f:id:otomanavi:20161019150336j:plain

 

 

スライダー横の「A」というボタンが黄色く点灯します。

この状態だとスライダーでの音量調整ができなくなります。

f:id:otomanavi:20161019150338j:plain

 

 

ペンツールでの書き込みは音量を上げたり、下げたりと自由に調整可能です。

f:id:otomanavi:20161019150339j:plain

 

実際には人間が歌を歌うと音量が曲中ずっと一定ということはありません。

感情が入るところでは音が大きくなったり、小さくなったりと音量が変化しています。

そういったものをDYNでシミュレートすることでより自然な歌い方になります。

 

初音ミク V4X

初音ミク V4X

 

 

ご自宅のパソコンでDTMや作曲を学んでみませんか?

Skypeを使ったオンラインレッスンのミュージックスクールです。

www.otomanavi.com