読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音楽教室の先生が書くブログ

ミュージックスクール オトマナビ

初音ミクV4X 入力講座中級編6(OPEで歌うときの口の開け具合を調整)

初音ミク VOCALOID Studio One

歌うときの口の開け具合まで調整できます!

OPEはOpening(オープニング)の略で歌う時に口の開け具合を調整できるパラメーターです。

値が大きくなると口を大きく開けた歌い方に、値が小さくなると口を小さく開けた歌い方になります。

f:id:otomanavi:20161020194205j:plain

 

 

OPEをクリックします。

f:id:otomanavi:20161020194208j:plain

 

 

OPEが点灯して画面下部に編集できるレーンが表示されます。

f:id:otomanavi:20161020194210j:plain

 

 

OPEにはスライダーがなく、音符1つ1つで棒グラフで調整できるようになっています。

値を大きくすると口を大きく開いた状態、値を小さくすると口を小さく開いた状態になります。

初期状態では値が最大値の127になっています。

f:id:otomanavi:20161020194212j:plain

 

 

鉛筆ツールに切り替えてOPEを調整します。

f:id:otomanavi:20161020194214j:plain

 

 

OPEの値を小さくしてみました。口を小さく開いた状態で歌っているような感じになります。もごもご言っている感じが少しでます。

f:id:otomanavi:20161020194216j:plain

 

OPEの値を小さくすると抑えて歌っているような声になりますので、楽曲の中でAメロではOPEの値を少しだけ小さくしておいて、サビで値を大きくするなどすると曲の中で歌い方のメリハリを作れそうですね。

 

初音ミク V4X

初音ミク V4X

 

 

ご自宅のパソコンでDTMや作曲を学んでみませんか?

Skypeを使ったオンラインレッスンのミュージックスクールです。

www.otomanavi.com