読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オトマナビブログ

ミュージックスクール オトマナビ

初音ミクV4X 入力講座中級編13(Cross Synthesisで2つの声を混ぜて新しい声を作ってみよう)

Cross Synthesisで2つのデータベース(声の種類)を混ぜてみよう

初音ミクV4X 入力講座中級編の最終回はボーカロイド4から搭載されたCross Synthesisをご紹介します。これは2つのデータベース(声の種類)を切り替えたり、混ぜ合わせたりすることができる機能になります。

初音ミクV4Xでは5種類のデータベースから声を選んで組み合わせることができます。

Cross Synthesisを使うことでオリジナルの声なんだけれども、少しだけSweetの声といったような絶妙なニュアンスの声で歌わせることもできます。

f:id:otomanavi:20161030170008j:plain

 

 

Cross Synthesisをクリックします。

f:id:otomanavi:20161030170505j:plain

 

 

画面下部に編集できるレーンが表示されます。

f:id:otomanavi:20161030170014j:plain

 

 

スライダーを左にすると「1:」で設定された声、ここではオリジナルですね。

スライダーを右にすると「2:」で設定された声、ここではSolidの声が発音されます。

スライダーの動かし具合で2つのデータベースの音量を調整して声を混ぜ合わせます。

f:id:otomanavi:20161030170554j:plain

 

 

ペンツールなどを使ってデータベースの声が変わっていく変化を描き込むこともできます。だんだんと変わっていく声にしたり、一部分だけ声を変えてみたりと色々な使い方ができそうです。

f:id:otomanavi:20161030170018j:plain

 

 

データベースの組み合わせの作り方をご紹介します。

ミクの顔のアイコンをクリックします。

f:id:otomanavi:20161030170016j:plain

 

 

2NDというボタンをクリックします。

f:id:otomanavi:20161030171050j:plain

 

 

一段にデータベースの名前が2つ表示されました。これが現在組み合わされているものになります。白い矢印のあたりで右クリックをします。

f:id:otomanavi:20161030170019j:plain

 

 

「歌手パラメータを編集」を選択します。

f:id:otomanavi:20161030170021j:plain

 

 

プルダウンメニューが表れてデータベースを変更できるようになります。

左側の声が1STで固定になります。変えられるのは右側の2NDの声になります。

f:id:otomanavi:20161030170023j:plain

 

 

5種類から選択できます。

f:id:otomanavi:20161030170024j:plain

 

 

選択したら「OK」ボタンをクリックすると決定になります。

f:id:otomanavi:20161030170026j:plain

 

 

データベースの表示が選択したものに変わりました。

f:id:otomanavi:20161030170038j:plain

 

Cross Synthesisは使い方次第で色々な声を作ったりと可能性がすごいありそうな機能だと思いました。

いろいろと試してみてぜひ自分だけのオリジナルな声を作ってみてください!

 

初音ミク V4X

初音ミク V4X

 

 

ご自宅のパソコンでDTMや作曲を学んでみませんか?

Skypeを使ったオンラインレッスンのミュージックスクールです。

www.otomanavi.com