読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オトマナビブログ

ミュージックスクール オトマナビ

DTMでよく出てくるASIOって何だろう?

ASIOってなんだろう?

ASIOは「Audio Stream Input Output」の略でアジオと読みます。

ASIOとはオーディオドライバの規格の一つで、このASIOに対応した機器(オーディオインターフェースなど)を使うことでDTMで録音や再生をする時に音の遅れがなくなるというものです。

 

簡単に説明するためにちょっと大雑把に書いてしまいましたが、ASIOにしたら絶対に音が遅れないというわけではありません。

正しくは音の遅れ(レイテンシーといいます)を少なくすることができるものです。

 

SONARではドライバモードで選択します。

f:id:otomanavi:20161031165624j:plain

 

 

Singer Song Writer Lite ではオーディオポートのデバイスで設定します。

f:id:otomanavi:20161031165626j:plain

 

ASIOに対応している機器であればなるべくASIOに設定することをオススメします。

音の遅れを少なくしたり、パソコンのパワー不足で入ってしまうノイズも軽減することができます。

 

ではオーディオインターフェースなどを持っていない場合、例えばノートPCだけでDTMをやっている方はどうしたらいいのでしょう?

 

ノートPCに搭載されているサウンドカードをオーディオデバイスの出力設定に選んでやることになるのですが、このノートPCに最初から搭載されているサウンドカードはASIOに対応していません。

 

結果・・・ノートPCだけでDTMをやるとすごい動きが遅かったり、再生した音がノイズ混じりだったりということが起こります。

 

 そんな時はサウンドカードを擬似的にASIO対応にしてしまうプログラムを使ってみましょう。

 

有名なところではASIO4ALLというフリーのプログラムがあります。

ASIO4ALL - Universal ASIO Driver

これをPCにインストールしておくことでサウンドカードをASIOで動かすことができるようになります。古かったり、パワー不足なPCでは頼りになるプログラムです。

 

またインターネット社の製品を購入した方であれば、インターネット社が作った「INTERNET ASIO-WASAPI」とものを使うことができます。

ASIO4ALLのようにサウンドカードを擬似的にASIOで動かすことができるプログラムになります。

Singer Song Writer Lite や ABILITY で使用することができます。

f:id:otomanavi:20161031165925j:plain

 

オーディオのデバイスの設定ではなるべくASIOのものを選択する。

オーディオインターフェースを使ってなくパソコンのみでDTMをしている場合は「ASIO4ALL」や「INTERNET ASIO-WASAPI」のようなものを試してみるのもいいかもしれません。

でもこの2つにも限界はあるので大きなデータの楽曲などを扱う場合はオーディオインターフェースなどの外部機器を使うことをオススメします!

 

DTMのレッスンなら「オンラインミュージックスクールのオトマナビ」

Skypeを使ってご自宅のパソコンでDTMのレッスンが受けられます。

 

レッスンを体験できる「無料体験レッスン」を随時募集しています。 www.otomanavi.com