読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音楽教室の先生が書くブログ

ミュージックスクール オトマナビ

オーディオインターフェースって何?

DTM用語

オーディオインターフェースって何だろう?

パソコンで音楽制作をする時に必要になる機材として「オーディオインターフェース」という言葉を見かけたことはありませんか?

 

これからパソコンで音楽を始めようと考えている人にとって、「オーディオインターフェース」といわれても何なんだろう?となってしまいますよね。

 

オーディオインターフェースとはパソコンとUSBケーブルなどで接続している機材でパソコンの音の出力する装置になります。

 

またオーディオインターフェースは出力のほかに、マイクやギターなどを繋げることでそれらの音をパソコンの中に録音する入力口にもなってくれます。

 

つまりパソコンで音楽制作をする時に、作った音はオーディオインターフェースを通してパソコンの外に出力されます。

 

また自分の歌声などを録音したい時にもオーディオインターフェースを使うことで録音することもできるといったものになります。

 

オーディオインターフェースは各社メーカーから発売されています。

またオーディオインターフェースを買うことで音楽ソフト(DAW)のライト版が無料でついてくるものもあります。

Roland ローランド オーディオインターフェイス QUAD-CAPTURE UA-55

Roland ローランド オーディオインターフェイス QUAD-CAPTURE UA-55

 

 

Steinberg スタインバーグ 2x2 USB2.0 24bit/192kHz オーディオインターフェース UR22mkII

Steinberg スタインバーグ 2x2 USB2.0 24bit/192kHz オーディオインターフェース UR22mkII

 

 

TASCAM オーディオインターフェイス DSPミキサー搭載 96/192kHz対応 USB2.0 US-366

TASCAM オーディオインターフェイス DSPミキサー搭載 96/192kHz対応 USB2.0 US-366

 

 

オーディオインターフェースはパソコンで音楽制作をする時の音の出入り口という風に覚えておきましょう。

 

ご自宅のパソコンでDTM、作曲を学んでみませんか?

Skypeを使ったオンラインレッスンのミュージックスクールです。

www.otomanavi.com