読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音楽教室の先生が書くブログ

ミュージックスクール オトマナビ

WAVとMP3は何が違うのでしょうか?

DTM用語 雑学

WAVとMP3の違いってなんだろう?

 

音楽聴き放題とか、音楽をダウンロードするなどで、MP3という言葉よく聞くようになりました。このMP3ってなんでしょう?

またMP3と合わせてWAVという言葉も出てきます。これはいったい何なのか?

今回はWAVとMP3についてお話いたします。

 

まずWAVですが、これは売られている音楽CDに収録されている音質になります。

圧縮をしていない音楽データです。圧縮していないので原音にたいして忠実です。

CD一枚に約74分収録できます。

 

それにたいしてMP3は圧縮されたデータになります。

MP3はおよそWAVの1/10の大きさになります。

30MB(WAV)の曲は圧縮して3MB(MP3)にすることができます。

1/10に圧縮されているので音質はWAVに比べて多少劣化しているのですが、それでも綺麗な音質になっています。

 

ではわざわざ圧縮してMP3を使う理由を考えてみましょう。

 

まずファイルサイズが小さいため携帯用の音楽プレーヤーにたくさん曲を記録して持ち運ぶことができます。

また、インターネットなどの音楽データのやり取りには小さいファイルサイズはとても重宝されます。

 

これらのことから多少の音質の劣化はおいておいても使いやすさを優先させたのがMP3になります。

 

パソコンで音楽を作って最後にオーディオ化する時に、完成形の曲をWAVで書き出すか、MP3にするか選択できたりします。

 

CDに焼きたい場合はWAV

ネットで配信したり、メールで友達に渡したいときなどはMP3

 

などと使いわけてみましょう!

 

ご自宅のパソコンでDTM、作曲を学んでみませんか?

Skypeを使ったオンラインレッスンのミュージックスクールです。

www.otomanavi.com