読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オトマナビブログ

ミュージックスクール オトマナビ

よくDJの人が言っているBPMって何だ?

DJやDTMで使われるBPMってどんな意味でしょう

 

音楽では楽曲の速さをBPMという単位で表します。

楽曲の速さの単位というとテンポという言葉を思い浮かべる方もいらっしゃるかもしれませんね。

BPMもテンポもどちらも同じ意味になります。

BPMはどちらかというとデジタル楽器を扱う方達が多く使う言葉になりますので、クラシックを勉強されてきた方にBPMといっても通じなかったりします。

 

BPM=「beat per minute」

頭文字を取ってBMPなんですね。

1分間に何回ビート(拍)を刻むかという意味になります。

 

ビート(拍)という言葉が出てきましたが、音楽やっていない人にはイメージしずらい言葉かもしれません。

 

ビート、拍とは・・・「ある一定の間隔で刻むリズムのこと」

 

脈拍とかいう言葉なら聞き覚えがあったりしませんか?

脈拍も脈がある一定の間隔で鼓動を刻んでいますね。

また心臓の鼓動もそうですね!一定の間隔で鼓動しています。

こっちの方が分かりやすいかも。

 

では「BPM=120」という速さはどれくらいか?

一分間に心臓の鼓動が120回鳴る速さってことです。

 

 このBPM、早くなると人間は高揚し、遅くなると落ち着きます。

心臓の鼓動も緊張していたり、運動した後だとすごく早く鼓動しますよね。

また眠る前などのリラックスした状態ではゆっくりと鼓動します。

こんな風に考えるとちょっとイメージしやすいのではないでしょうか。

 

BPM=テンポ=楽曲の速さ

 

車の速さを表す速度のように、BPMは音楽で楽曲を演奏する際の速さを表す言葉になります。

ぜひ覚えておきましょう!

 

ご自宅のパソコンでDTM、作曲を学んでみませんか?

Skypeを使ったオンラインレッスンのミュージックスクールです。

www.otomanavi.com