読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オトマナビブログ

ミュージックスクール オトマナビ

「ドレミファソラシ」の起源は聖ヨハネ賛歌だった!

音楽教育 雑学 音楽理論

ドレミファソラシができるまで

みんなも知っているドレミファソラシ

でもなぜドレミファソラシと呼ぶようになったのか知っていますか?

今回はドレミファソラシの起源についてちょこっとお話します。

 

ドレミファソラシ聖ヨハネ賛歌の歌詞から作られました

時は11世紀のイタリア

グイド・ダレッツォという人物によって考案されました。

修道僧で音楽の教師でもあった彼は「聖ヨハネ賛歌」が各節で音が1音ずつ高くなっているところに目をつけました。

その各節の歌詞の頭文字を取って音名にしたのです。

それがドレミファソラシになります。

 

f:id:otomanavi:20161212164857j:plain

 

聖ヨハネ賛歌の歌詞(ラテン語)
Ut queant laxis
resonare fibris
Mira gestorum
famili tuorum
Solve Polluti
labii reatum
Sancte Johannes

 

歌詞の意味

あなたの僕(しもべ)が
声をあげて
あなたの行いの奇跡を
響かせることができるように
私たちのけがれた唇から
罪を拭い去ってください
聖ヨハネ様

 

青い文字の頭文字を呼んでいくと

Ut - Re - Mi - Fa - Sol - La

「Ut」は言いずらいので、発音しやすいように「Do」と呼ぶようになったようです。

Do - Re - Mi - Fa - Sol - La

なるほど、「ドレミファソラ」までできましたね!

 

 そして一番下の「Sancte Johannes」は頭文字を取るとSJになりますが、「J」を「i」の異字体とみなして「Si」になりました。

Do - Re - Mi - Fa - Sol - La - Si

これでイタリア語の音名である「ドレミファソラシ」の完成です!

 

 動画で音を聞きながら見てみてください

www.youtube.com

ちなみにほんとかどうかはわかりませんが、この聖歌のメロディをグイド自身が作曲したのではないかとする説もあります。なんでも音階を覚えやすくするためだとか。こちらは今となっては謎のままですね。。

 

いかがでしたでしょうか?

身近にあるドレミファソラシ

実は聖ヨハネ賛歌から作られたものだったのですね。

ちょっと知ってるネタで知り合いに聞いてみてはいかがでしょうか?

 

オンラインミュージックスクールのオトマナビでは音楽理論も勉強できます!

初めて音楽を勉強される方でも講師が音符の読み方から丁寧に解説いたします。

ご興味のある方は一度体験レッスンをお試しください!

www.otomanavi.com