読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オトマナビブログ

ミュージックスクール オトマナビ

ドレミファソラシドは英語で言うとCDEFGABCとなるんです!知ってますか?

ギター始めたらみんな英語表記で音名を呼んでるんですけど!

バンドかっこいいな、ギターでも勉強してみるか・・・

こんな感じでギターを勉強し始めました。

まずはチューニング・・・と思ってやり方を本を読んでみたら

EADGBE

「!?」

「英語なんですけど!」

となってしまった方、何人かいるのではないでしょうか?

 

小学校の音楽の時間に「ドレミファソラシド」と勉強したのはみなさん覚えていると思います。

f:id:otomanavi:20161212171440j:plain

実はこの「ドレミファソラシド」という表記はイタリア語になるんです。

ドレミファソラシの語源を知りたい方は過去記事をご参照ください!

 

 

 

これを英語表記で表すとCDEFGABCとなります。

f:id:otomanavi:20161212171445j:plain

ポピュラー音楽を勉強する時はほとんどがこの英語表記で表されています。

コードネームだったり、一音を呼ぶときも英語の音名で呼んだりします。

ギターのチューニングの時のEADGBEもこの英語表記で音名を言っていたんですね。

 

ちなみに、日本語で言うとハニホヘトイロハとなります!

f:id:otomanavi:20161212171449j:plain

 

クラシックなどでハ長調とか、ニ短調とか聞いたことありませんか?

ハ長調の「ハ」は「C」の音を表しています。

ハ長調のことをポピュラーではCメジャーキーと言ったりします。

 

さらに、ドイツ語で表すとC D E F G A H Cになります。

読み方は「ツェー デー エー エフ ゲー アー ハー ツェー」

になります。

昔とんねるずが、ツェー万とゲー千とかテレビでよく言っていました。

あれは「ツェー デー エー エフ ゲー アー ハー」を数字に置き換えて

「1 2 3 4 5 6 7」にしていたのです。

ツェー万は1万、ゲー千は5千円になります。業界用語ですね~

 

話がそれてしまいましたが、英語表記は最初は最初は戸惑ってしまうかもしれません。

ですがポピュラー音楽を勉強する時にはとても便利なものになります。ぜひ慣れて使えるようにしましょう!

 

オンラインミュージックスクールのオトマナビでは音楽理論も勉強できます!

初めて音楽を勉強される方でも講師が音符の読み方から丁寧に解説いたします。

ご興味のある方は一度体験レッスンをお試しください!

www.otomanavi.com