読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音楽教室の先生が書くブログ

ミュージックスクール オトマナビ

プラグインシンセ(VSTインストゥルメント)を起動させるには【ABILITY2.0】【SSW9.5】

ABILITY Singer Song Writer

付属のプラグインシンセの起動方法

DAWに付属されているプラグインシンセ(VSTi)はみなさん使っていますか?

起動方法がわからないという声をよく聞きますので、今回はABILITY2.0 や Singer Song Writer9.5 でプラグインシンセを起動させる方法をご紹介します。

 

ちなみに色々な呼び方があって混乱してしまいますが

プラグインシンセ = ソフト音源 = VSTインストゥルメント = VSTi

と同じものを意味します。

 

それではプラグインシンセの起動方法を見ていきましょう。

 

まずは画面の上段にあるこのボタンをクリックします。

f:id:otomanavi:20170112172859j:plain

 

この画面(シンセラックといいます)が表示されるので、「No Instrument」をクリックします。

f:id:otomanavi:20170112172901j:plain

シンセラックに使いたいプラグインシンセを読み込んであげることで、使用することができるようになります。

1~8と段になって見えると思いますが、その箱1つにプラグインシンセが1つ入るといった感じです。

一番上の番号1は「INVSC_M」というプラグインシンセがすでに読み込まれているので「No Instrument」と書かれたまだ未使用の箱に使いたいプラグインシンセを読み込んであげる必要があります。

 

「No Instrument」をクリックした後に使いたいプラグインシンセを選択します。

f:id:otomanavi:20170112172903j:plain

 

プラグインシンセが起動したら、MIDIトラックの出力先をプラグインシンセに設定してあげる必要があります。赤く囲ったところがMIDIトラックの出力先になるのでクリックしましょう。

f:id:otomanavi:20170112172905j:plain

 

先ほど読み込んだプラグインシンセをクリックして選択します。

f:id:otomanavi:20170112172906j:plain

 

MIDIの出力先にプラグインシンセの名前が表示されればOKです。

f:id:otomanavi:20170112172908j:plain

 

次にCH(チャンネル)を設定します。

新しいプラグインシンセを起動したら、CHはまずは1を選択してみましょう。

f:id:otomanavi:20170112172910j:plain

INVSCや HyperCanvas、Kontaktといったプラグインシンセはマルチティンバー音源ともいって1台起動して複数のCH(チャンネル)を同時に制御できます。

ですが一般的なプラグインシンセは1台起動したらチャンネルは1つしか扱えないようになっています。だいたいのプラグインシンセはCHが1で繋がるようになっているのでまずはCHを1で試してみることをオススメします。

 

これでプラグインシンセが使えるようになりました。

プラグインシンセの中に収録されている音色の切り替えなどは、プラグインシンセのエディター画面からおこなうのが基本になります。

プラグインシンセの種類によってはDAWソフト側(例えばスコアエディタのToneなど)から音色を選択できるものもあります。

付属されている色々なプラグインシンセを起動させて使ってみてください!

 

インターネットを使って作曲やDTMが勉強できるスクールです。

レッスンは講師とのマンツーマンなのでご自身のペースでしっかり学べます。

機材の購入からセッティングの相談までレッスンいたします。

ご興味のある方はぜひ一度体験レッスンをお試しください。

www.otomanavi.com