読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音楽教室の先生が書くブログ

ミュージックスクール オトマナビ

森のくまさんの替え歌どうしていけないの?

雑学

森のくまさんにBメロとサビが追加された!

ある日森の中~

で始まる「森のくまさん」

誰もが小さいころ一度は歌ったことがある童謡ですね。

 

その「森のくまさん」がいま話題になっています。

何が話題になっているかというと・・・

なんと森のくまさんにBメロとサビを追加して新たな展開を作った猛者が現れたのです!

 

その方はパーマ大佐という芸人さんで、童謡の替え歌などを沢山作ってYoutubeで公開しています。

森のくまさんも最初はYoutubeで公開されていたのですが、人気があったのかCD化されました。

その時に、「森のくまさん」の英語歌詞を和訳した作詞家の方の許可をとらずにCDを販売したとのこと。(これは作詞家の方の主張です)

作詞家の方は販売元のユニバーサルミュージックと、実際に作って歌っているパーマ大佐に販売差し止めと慰謝料などを求める通知書を送ったそうです。

 

なかなかヒートアップしていますね。

そしてその販売されたCDのPVがこちらになります。

www.youtube.com

そしてこちらがCDになる前に最初に公開された動画です。

www.youtube.com

聞いてみるとわかるのですが、替え歌というか新しいメロディと歌詞を追加しているのでもうアレンジという感じですね。

歌詞の内容など賛否両論ありそうですが、曲構成などはポップスのポイントをおさえていてよくできています。

最近の芸人さんの音楽レベルもすごいものです。

 

この替え歌ですが、何がいけないのでしょう?

音楽には著作権というものがあります。

曲を作ったり、歌詞を書いたりした方達の権利を守るものです。

この権利がある限り楽曲を勝手に使用したりすることはできないのです。

レストランで曲を流す時や、コンサートで演奏する時などにも曲の使用許諾が必要になります。さらに使った分の使用料もかかります。

 

今回はこの著作権の中の「同一性保持権の侵害」というところが問題になってくると思います。

これは元の曲のイメージが崩れてしまうようなことはしてはいけないということです。

簡単に言うと

「曲を勝手に改造しやがって、元の曲のイメージが壊れちゃったぞ!どうしてくれるんだっ!」

ということです。

最近では沢田知可子さんが「会いたい」の歌詞を変えてテレビで歌って、作詞家の方のお叱りを受けたなどもありましたね。


 この「同一性保持権の侵害」は作詞に関して多いような気もします。

楽曲でのリミックスがあんまり騒がれないのはなぜなんでしょう。

 

今回の件は実際に裁判などになると、今後パーマ大佐バージョンの森のくまさんなども見ることができなくなるかもしれません。

お互いに話し合ってよい結論を出してもらいたいと思います。

 

インターネットを使って作曲やDTMが勉強できるスクールです。

レッスンは講師とのマンツーマンなのでご自身のペースでしっかり学べます。

機材の購入からセッティングの相談までレッスンいたします。

ご興味のある方はぜひ一度体験レッスンをお試しください。

www.otomanavi.com