読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オトマナビブログ

ミュージックスクール オトマナビ

音楽教室での演奏に対しても著作権料がかかってしまうのか!

雑学 ニュース

音楽教室でのピアノの練習にも著作権料がかかるかも?

 

著作権という言葉知っていますか?

なんとなく聞いたことある方も多いのではないでしょうか。

これは芸術作品などを作った時に「この作品はこの人が作ったもの」という作者の権利を保護してくれるものです。

勝手に使われたり、真似されたりするのを防いでくれます。

 

音楽では作詞者や作曲者に代わって楽曲を使用している方から著作権料を徴収してくれる団体があります。

それがJASRAC(日本音楽著作権協会)になります。

 

なぜ作者に代わって著作権料を徴収する団体が必要なのか?

音楽は無形のものなので、

お店のBGM、カラオケ屋、結婚式場、コンサートなどなど・・・

いろいろなところで楽曲が使用される可能性があります。

 

これを作詞者や作曲者が1つ1つ調べて著作権料を払ってくださいねと使用者と交渉していくのは現実的に不可能なことです。

ですので代わりに著作権料を徴収する団体が必要になってきたのです。

 

このJASRACですが、ちょくちょく話題に上がってきたりします。

JASRACに代わる大きな団体がないので、事実上JASRACがこの市場を独占状態なのです。

そうなるとJASRACが決めたことによって音楽業界の流れまで変わっていってしまいます。

一昔前ですと、インターネット上からポップスなどのMIDIデータが一斉に消えました。

この時もJASRACがインターネット上のHPなどで公開しているJASRAC登録曲のMIDIデータ公開はNGと発表したのです。

もちろんJASRACに手続きをとって使用料を払えば公開OKになりますが一斉にMIDIデータは消えました。

 

今回問題になっているのは、音楽教室での楽曲の使用についてです。

JASRACが著作権料を徴収するのは、楽曲を使用してお金をもらった時になります。

コンサートで楽曲を演奏したり、お店でBGMを流したりなどがそれにあたります。

 

これまでは音楽教室などの教育部分については著作権料の徴収の対象外でした。

ですがこれからは音楽教室もレッスン料という名でお金をもらって運営しているので著作権料の徴収の対象ですと発表したのです。

 

たしかに楽曲の著作権を守るのは大切なことではあるのですが、小学生の生徒さんがピアノを習いにきて1フレーズ弾いたら、「はい著作権料発生!」とはちょっとやりすぎな気もします。

 

実際に音楽教室は発表会で入場料を取る場合などでは、JASRACに使用楽曲の著作権申請をしています。

でも今回のJASRACさんの主張だと、この発表会で弾くための練習にまで著作権料がかかるものとなっています。

 

なんども言いますが、作品を作った方の権利を守ることはとても大切なことです。

 

ですが、それが行き過ぎてしまうのもちょっと考えものです。

 

宇多田ひかるさんはツイッターで自分の楽曲は音楽教室の教育では無料で使ってくださいとツイートしていますが、実際にはJASRACの現在のシステムでは宇多田ひかるさんの楽曲だけ除外というのは難しいと思われます。

作り手の気持ちとは別にシステマチックに徴収されてしまうでしょう。

なぜ著作権ができたのか、作者の意思が反映されないでは本末転倒な話ですね。

 

大手音楽教室を運営しているYAHAMAやカワイ楽器などはJASRACの主張に対して反対としています。

これから話し合い、最悪裁判などになっていくのかもしれません。

 

JASRACの主張が通った時には、音楽教室は著作権料の分の月謝の値上げ、またはポップスなどの楽曲を使用しない流れになっていくと思われます。

音楽の教育部分を絞めつけることは慎重に考えないととても危険です。

音楽文化自体の衰退を招いてしまうかもしれません。

 

なんでも1つが独占してしまう状況は好ましくないのかもしれませんね。

JASRACに代わるもう1つの大きな団体ができてくれることで話は変わってくると思います。

作者が自分の理想とする理念の著作権団体に自分の楽曲を登録することができる時代がきてほしいです。

有名なアーティスト達で集まってそういったもの作ってほしいですね!

 

インターネットを使って作曲やDTMが勉強できるスクールです。

レッスンは講師とのマンツーマンなのでご自身のペースでしっかり学べます。

機材の購入からセッティングの相談までレッスンいたします。

ご興味のある方はぜひ一度体験レッスンをお試しください。

www.otomanavi.com