読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オトマナビブログ

ミュージックスクール オトマナビ

SONAR 入力したMIDIデータにグルーブを付けてくれる「グルーブクォンタイズ」のかけ方

SONAR

グルーブクォンタイズを使ってみよう

マウスで音符をペタペタと入力していって曲を作っていても、いまいち曲にグルーブ(ノリ)が出ないということありませんか?

そんな時にオススメの機能があります。

なんと入力したMIDIデータ(音符)にグルーブを自動で付け加えてくれる機能があるんです!

それが「グルーブクォンタイズ」という機能になります。

 

入力されたMIDIデータ(音符)の発音のタイミングや、ベロシティの強弱を自動で調節してくれることでMIDIデータにグルーブが出てきます。

なんでもグルーブクォンタイズの元になっているパラメーターは、プロのミュージシャンの演奏したデータから発音タイミングとベロシティの具合を抽出しているそうです。

これは使わない手はないですね!

 

さっそく使い方を見ていきましょう。

 

16ビートのドラムパターンを1小節だけ入力してみました。

f:id:otomanavi:20170220170618j:plain

 

まずは右クリックして入力したデータを囲って選択しましょう。

f:id:otomanavi:20170220170620j:plain

 

「プロセス」→「グルーブクォンタイズ」を選択します。

f:id:otomanavi:20170220170621j:plain

 

グルーブクォンタイズの画面が出てきますので、「グルーブパターン」の▼をクリックします。

f:id:otomanavi:20170220170623j:plain

 

ここから付けたいグルーブを選択します。

今回は例として「02 Shuffle Feel B」を選択してみます。

f:id:otomanavi:20170220170625j:plain

 

「分解能」は入力してあるデータの最小グリッドに合わせます。

今回は16分音符の細かさで入力しているので、分解能は「1/16」を選びます。

※入力した音符の最小単位が8分音符の時は「1/8」を選ぶように最小単位にあわせましょう。

f:id:otomanavi:20170220170627j:plain

 

「OK」をクリックするとデータに反映されます。

f:id:otomanavi:20170220170629j:plain

 

こんな感じになりました。入力した音符の発音タイミングとベロシティが変化しました。再生してみるとグルーブが出ています。

f:id:otomanavi:20170220170630j:plain

 

いかがでしたでしょうか?結構簡単な操作でグルーブをつけることができます。

 

ここで1つだけ注意点をあげておきます。

今回はドラムのパートにグルーブクォンタイズをかけましたが、ドラムだけがこのグルーブになっていて他のパートが違うグルーブですと合わせて聞いた時にギクシャクしてしまいます。

グルーブクォンタイズをかける時は、ベースやギターなどの他のパートにも同じグルーブクォンタイズをかけてあげることで楽曲としてまとまりのあるグルーブになります。

この点に注意しながらグルーブクォンタイズをお試しください!

 

音楽教室のオトマナビではSONARの使い方や曲作りなどのレッスンをやっています。

インターネットを使って作曲やDTMが勉強できるスクールです。

レッスンは講師とのマンツーマンなのでご自身のペースでしっかり学べます。

機材の購入からセッティングの相談までレッスンいたします。

ご興味のある方はぜひ一度体験レッスンをお試しください。

www.otomanavi.com