読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オトマナビブログ

ミュージックスクール オトマナビ

ABILITY SSWLite ノートパソコンの方にオススメ!バーチャルキーボードを活用しよう

パソコンのキーボードを使って音符が入力できます

ABILITY、SSWシリーズにはパソコンのキーボードを鍵盤に見立てて音符を入力することができるバーチャルキーボードが搭載されています。

出先などでノートパソコンで作業する時に、ちょっとしたフレーズなどを弾いて確認したりとなかなか便利な機能です!

 

こちらがバーチャルキーボードです

f:id:otomanavi:20170221181502j:plain

 

こちらのボタンをクリックするとキーボードが表示されます。

f:id:otomanavi:20170221181504j:plain

 

キーボードが表示されたら「SETTING」ボタンをクリックしましょう。

f:id:otomanavi:20170221181505j:plain

 

キーボードの設定画面が表示されます。「コンピュータキーボードで入力する」にチェックを入れることでパソコンのキーボードから入力できるようになります。

チェックを入れたら、「OK」ボタンをクリックします。

f:id:otomanavi:20170221181507j:plain

 

バーチャルキーボードの鍵盤の上に書かれた文字が、パソコンのキーボードと連動しています。

試しにパソコンのキーボードで「Q」を押してみるとバーチャルキーボードの「Q」の文字が赤く光り、ドの音が鳴りました。

f:id:otomanavi:20170221181509j:plain

 

こちら「OCT」ではオクターブを移動させることができます。

f:id:otomanavi:20170221181510j:plain

 

「+」をクリックしてみるとバーチャルキーボードに表示された文字が1オクターブ上にずれました。これで高い音も弾けますね。

f:id:otomanavi:20170221181512j:plain

 

バーチャルキーボードを使ってリアルタイム入力をしてみました。

ちょっとコツはいりますが、慣れれば結構弾けそうな感じがします。

※バーチャルキーボードが反応しない時はバーチャルキーボードのウィンドウをアクティブの状態にしましょう。下画像の矢印部分をクリックすることでバーチャルキーボードのウィンドウが選択されアクティブ状態になります。

f:id:otomanavi:20170221182245j:plain

 

バーチャルキーボードはMIDIキーボードなどの機材がない時になかなか使える機能です。ノートパソコンの方はぜひお試しください!

 

インターネットを使って作曲やDTMが勉強できるスクールです。

レッスンは講師とのマンツーマンなのでご自身のペースでしっかり学べます。

機材の購入からセッティングの相談までレッスンいたします。

ご興味のある方はぜひ一度体験レッスンをお試しください。

www.otomanavi.com