読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オトマナビブログ

ミュージックスクール オトマナビ

ABILITY SSWLite トラックに表示されているアレンジパート名は大事です

アレンジパート名は消さないようにしましょう

MIDIトラックの表示部に「Melo1」や「Bass1」といった謎の文字が書き込まれているトラックがあるのに気がついた方はいらっしゃるでしょうか。

f:id:otomanavi:20170221193520j:plain

 

何も書き込まれていないトラックもあります。

f:id:otomanavi:20170221193524j:plain

 

謎の文字なのですが、これは「アレンジパート名」といって実はアレンジデータを貼り付ける時にとても大事なものになります。

アレンジデータの各パートはこのアレンジ名を参照して貼り付いているのです。

つまり「Bass1」と書かれたトラックにはベースパートのアレンジデータが貼りつきます。

 

試しに実験をしてみましょう。

アレンジパターンを貼り付けた時、通常はベースパートは上から2つ目の「Bass1」と書かれたトラックに貼りつきます。

f:id:otomanavi:20170221193526j:plain

 

アレンジパターンを貼り付ける前に「Bass1」の文字を他のトラックに書き換えてみます。これでどうなるでしょう?

f:id:otomanavi:20170221193528j:plain

 

アレンジパターンを貼り付けてみると「Bass1」を書き換えたトラックにベースパートが張り付きました!

f:id:otomanavi:20170221193529j:plain

 

これ気をつけていただきたいのが、アレンジパート名を消してしまうと、消したトラックにはアレンジパターンが張り付かなくなります。

アレンジパターン名の文字を変更してもダメです。

こちらアレンジパターンを張りつける時には気をつけましょう!

 

インターネットを使って作曲やDTMが勉強できるスクールです。

レッスンは講師とのマンツーマンなのでご自身のペースでしっかり学べます。

機材の購入からセッティングの相談までレッスンいたします。

ご興味のある方はぜひ一度体験レッスンをお試しください。

www.otomanavi.com