読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オトマナビブログ

ミュージックスクール オトマナビ

SONAR インサートしたエフェクトが反応しない時はFXラックのバイパスを確認してみよう

FXラックにはバイパスにするボタンがあります

「プラグインエフェクトをかけても全然エフェクトが効かなくなってしまった!」

「なんかエフェクトがまったく動いていないんだけど・・」

みなさんはSONARを使っていてこのような状態になってしまったことありませんか?

この状況スクールでもたまに生徒さんからご質問されたりします。

 

このように再生してもエフェクトの方はまったく反応がありません。

f:id:otomanavi:20170222125757j:plain

 

考えられる原因の1つとして、トラックのFXラック欄でエフェクトがバイパスされていることがあります。

f:id:otomanavi:20170222125756j:plain

 

拡大して見てみましょう。

こちらの赤く囲った部分の電源マーク、これが消灯していると、このトラックのエフェクトがバイパスになります。

バイパスというのはエフェクトのところに信号がいかないということなので、エフェクトはかからなくなってしまいます。

f:id:otomanavi:20170222125759j:plain

 

クリックして点灯させてあげることでバイパスが解除され、エフェクトまで信号がいくようになります。

f:id:otomanavi:20170222125801j:plain

 

試しに再生してみるときちんとエフェクトも反応しています。

f:id:otomanavi:20170222125803j:plain

 

FXラックのバイパスはパソコンのショートカットキー「E」でオン、オフができてしまいます。

SONARではマルチドックのショートカットで「D」を使ったり、巻き戻しで「W」を使ったりしますので、誤って「E」を押してしまうことがあります。

意図しないのにFXラックがバイパスになっている時は、ショートカットキーなどで押してしまったかもしれません。

ショートカットキーと合わせてFXラックのバイパスを覚えておきましょう。

 

音楽教室のオトマナビではSONARの使い方や曲作りなどのレッスンをやっています。

インターネットを使って作曲やDTMが勉強できるスクールです。

レッスンは講師とのマンツーマンなのでご自身のペースでしっかり学べます。

機材の購入からセッティングの相談までレッスンいたします。

ご興味のある方はぜひ一度体験レッスンをお試しください。

www.otomanavi.com