読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音楽教室の先生が書くブログ

ミュージックスクール オトマナビ

SONAR MIDIデータにオーディオエフェクトをかけるには

SONAR

MIDIにオーディオエフェクトをかけたい!

「MIDIトラックにオーディオのエフェクトをかけることはできないか?」

スクールでもたびたびこのご質問をいただきます。

たしかにオーディオデータなどにかけるプラグインエフェクトはクオリティが高いエフェクトが揃っています。

これがMIDIデータにかけれたら・・・と思ってしまいますよね。

 

オーディオのエフェクトなのでMIDIにはかけれないと思われがちですが、実はMIDIデータにもオーディオエフェクトをかけることができるんです!

MIDIトラック自体にはオーディオエフェクトを挿入することはできませんが、MIDIの音を鳴らしているシンセトラックにはプラグインエフェクトをかけることができます。

 

MIDIの音を鳴らすシンセトラックにプラグインエフェクトをかけることで、結果MIDIの音にエフェクトがかかって聞こえるという流れです。

 

D-Proを例に解説していきます。通常D-Proを起動すると

トラック1・・・シンセトラック(D-Proのシンセトラック)

トラック2・・・MIDIトラック(D-Proで鳴らすMIDIを入力するトラック)

の2つのトラックができます。

 

MIDIトラックにもFX欄がありますが、こちらではオーディオのプラグインエフェクトはかけれません。

f:id:otomanavi:20170227161021j:plain

 

シンセトラックの方のFX欄でプラグインエフェクトをかけることができます。

f:id:otomanavi:20170227161023j:plain

 

オーディオトラックでエフェクトをかける時と同じ操作でエフェクトをかけることができます。「+」をクリックします。

f:id:otomanavi:20170227161025j:plain

 

かけたいエフェクトを選択するだけです。

f:id:otomanavi:20170227161027j:plain

 

このようにプラグインエフェクトがかかりました。

試しに再生してみるとMIDIデータの音にエフェクトがかかって聞こえます。

f:id:otomanavi:20170227161029j:plain

 

シンセトラックとMIDIトラックが融合したインストゥルメントトラックも同様にFX欄でプラグインエフェクトをかけることができます。

f:id:otomanavi:20170227161828j:plain

 

Cakewalk TTS-1のようにプラグインシンセ1台で複数のMIDIパートをまかなうことができるシンセ(マルチティンバー音源)の時は、この方法でやるとすべてのMIDIトラックにプラグインエフェクトがかかってしまいますのでご注意ください。

Cakewalk TTS-1で同じようにプラグインエフェクトを使いたい時は、MIDIトラック1つに対して、Cakewalk TTS-1を1台起動して使うといった使い方がいいかもしれません。

 

音楽教室のオトマナビではSONARの使い方や曲作りなどのレッスンをやっています。

インターネットを使って作曲やDTMが勉強できるスクールです。

レッスンは講師とのマンツーマンなのでご自身のペースでしっかり学べます。

機材の購入からセッティングの相談までレッスンいたします。

ご興味のある方はぜひ一度体験レッスンをお試しください。

www.otomanavi.com