読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音楽教室の先生が書くブログ

ミュージックスクール オトマナビ

初音ミクV4X 入力講座ちょっと上級編3(E.V.E.Cの子音拡張を使ってみる)

初音ミク

 E.V.E.Cの子音拡張を使ってみよう

E.V.E.Cの発音拡張のオプションのようなものなのですが、「Mid/Soft」「Accent/Strong」のどちらかを選択した場合にのみ「子音拡張」というものが利用できます。

子音拡張は子音を連続して入力してくれる機能で、発音する言葉を強調してくれる効果があります。

 

赤く囲った部分が子音拡張

f:id:otomanavi:20170228201735j:plain

 

子音拡張は

「なし」「×2」「×3」「×4」

と用意されています。

通常は「なし」の状態になっていますので、「×2」「×3」「×4」のどれかをクリックして点灯させることで効果がでます。

f:id:otomanavi:20170228203053j:plain

 

 

まず子音拡張を入れると音の表示がどう変わるか見てみましょう。

これが何もしていない状態の音です。「わ」とだけ表示されています。

f:id:otomanavi:20170228202944j:plain

 

音素記号を表示させましょう。

右上の赤く囲った部分をクリックすることで「わ」の右側に[w a]という音素記号が表示されます。

f:id:otomanavi:20170228202946j:plain

 

この状態で子音拡張を「×2」で設定してみます。

さきほど[w a]と表示されていた音素記号が[w*2 w#6 a]となりました。

*2というところが「×2」を選んでいるという意味になります。

「×3」なら*3、「×4」なら*4と表示されます。

f:id:otomanavi:20170228203529j:plain

 

実際の聞こえ方はどうなるのか、差が分かりやすくなるように「×4」で「こんにちわ」という5つの音に子音拡張をかけてみました。

f:id:otomanavi:20170228204020j:plain

 

結果は文字によってかかり方が変わってくるようです。

「こ」「ち」は巻き舌っぽく少し前から発音しました。

「わ」は若干ためて歌っているように聞こえます。

 

使い方としては言葉を強調したい箇所があった時に子音拡張を入れてみてかかり方を確認しながら使っていくのがいいと思います。

言葉によってはかかっているのか分かりずらい言葉もありそうです。

でもここまで発音の仕方がいろいろ調整できるのはありがたいですね。E.V.E.Cの発音拡張、子音拡張はなかなか面白そうな機能です!

 

初音ミク V4X

初音ミク V4X

 

 

ボーカロイドの使い方や曲作りを勉強するならオンラインスクールのオトマナビ!

Skypeを使ってご自宅にいるままレッスンを受講できる音楽教室です。

レッスンは講師とマンツーマンなので受講者の方のレベルに合わせてレッスンを組み立てていきます。ボーカロイドやStudioOneの使い方から、作詞、作曲、アレンジ、ミックス、マスタリングと学べます。

体験レッスンを随時募集しています!ソフトの購入のご相談からレッスンの内容までお気軽にご相談ください。

www.otomanavi.com