読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音楽教室の先生が書くブログ

ミュージックスクール オトマナビ

SONAR プラグインシンセの音が出なくなった時にプラグインシンセの電源をチェックしてみよう

SONAR

プラグインシンセには電源ボタンがあります

ファイルを開いた時にプラグインシンセはきちんと読み込んでいるのに音が出ないことがたまにあります。

昔の古いバージョンのSONARで作ったファイルを新しいバージョンのもので開いた時や、友達が持っているSONARでファイルを開いたりと、異なる環境でファイルを開いた時に見られたりします。

 

対処法としては、もう一台、新しいプラグインシンセを起動してMIDIデータを新しく作ったトラックに移動させるのが確実な方法ではあるのですが、少々面倒くさかったりします。

 

そんな時はプラグインシンセの電源を一度OFFにしてみるということを試してみてください。これで直ってしまうケースも結構あります。

 

プラグインシンセには赤く囲った部分に電源ボタンがあります。

この電源ボタンを表示させる手順をご紹介します。

f:id:otomanavi:20170309161923j:plain

 

通常、プラグインシンセを起動させると画面左下にシンセラックというものが表示されます。

f:id:otomanavi:20170309161927j:plain

 

シンセラックのドッキング解除ボタン(赤く囲った部分)をクリックします。

f:id:otomanavi:20170309161931j:plain

 

シンセラックがドッキングから解除されて自由に動かせるようになりました。

ドッキングが解除されると電源ボタンが表示されます。

f:id:otomanavi:20170309161934j:plain

 

クリックしてOFFにすることでプラグインシンセの電源をOFFにできます。

f:id:otomanavi:20170309161940j:plain

 

一度OFFにしたボタンをもう一度クリックすることで再び電源がONになります。

f:id:otomanavi:20170309161937j:plain

 

音が鳴らなくなったプラグインシンセの電源ボタンをクリックして電源を入れなおすことで音が出るようになることがあります。

もしプラグインシンセの音が出なくなった時は一度お試しください!

 

音楽教室のオトマナビではSONARの使い方や曲作りなどのレッスンをやっています。

インターネットを使って作曲やDTMが勉強できるスクールです。

レッスンは講師とのマンツーマンなのでご自身のペースでしっかり学べます。

機材の購入からセッティングの相談までレッスンいたします。

ご興味のある方はぜひ一度体験レッスンをお試しください。

www.otomanavi.com