読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オトマナビブログ

ミュージックスクール オトマナビ

SONAR ミキサー画面でミキサーの幅を狭く表示させるには

ミキサー画面で沢山のパートを表示させたい

ミキサー画面(SONARではコンソールビューといいます)でミキサーの幅を狭く表示させることができます。

幅が狭くなればより多くのパートを同時に操作できるようになるので結構快適です。

 

こちらが狭く表示させた画面になります。シンプルながら必要なものはしっかりと表示されているのでミックスのバランスを取る時などにはこちらの方が扱いやすいです。

f:id:otomanavi:20170309164347j:plain

 

こちらが通常の大きさのミキサーの幅になります。

f:id:otomanavi:20170309164349j:plain

 

狭くするには「ストリップ」をクリックしましょう。

ミキサー1つ1つをチャンネルストリップと呼びます。ですのでストリップから表示を変えるのですね。

f:id:otomanavi:20170309164351j:plain

 

「すべてのストリップの幅を狭くする」をクリックして選択します。

f:id:otomanavi:20170309164352j:plain

 

ミキサーの幅(ストリップ幅)が狭くなりました。

f:id:otomanavi:20170309164347j:plain

 

多くのトラックでミックスをされている方にオススメの表示方法です。

全体のバランスが見渡せてミックスがやりやすくなります。

トラックが多い方はぜひお試しください!

 

音楽教室のオトマナビではSONARの使い方や曲作りなどのレッスンをやっています。

インターネットを使って作曲やDTMが勉強できるスクールです。

レッスンは講師とのマンツーマンなのでご自身のペースでしっかり学べます。

機材の購入からセッティングの相談までレッスンいたします。

ご興味のある方はぜひ一度体験レッスンをお試しください。

www.otomanavi.com