読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オトマナビブログ

ミュージックスクール オトマナビ

SONAR 絶対スナップと相対スナップの違い知っていますか?

絶対スナップと相対スナップ

みなさん、楽曲制作をする時にスナップという機能を使っていますか?

スナップはグリッド(8分音符や4分音符など)で決めた間隔に合わせてデータを移動させることができる機能です。

スナップをオンにしない状態でデータを作るとタイミングがきっちりと合わなくなり場合によってはギクシャクした楽曲になってしまいます。

人間のヒューマンな感じを残したいなどのことがない限りほとんどの方がこのスナップをオンにして楽曲を作られていると思います。

 

このとても大切なスナップ機能ですが、このボタンの横に「TO」と「BY」という文字が書かれているのをご存じでしょうか?

f:id:otomanavi:20170310170141j:plain

実はスナップ機能には2種類のモードが用意されています。

「TO」は絶対スナップ

「BY」は相対スナップ

といいます。

 

こちらのスイッチをクリックすることで「TO」と「BY」を切り替えることができます。

f:id:otomanavi:20170310170506j:plain

 

それではこの2つのスナップの違いを見ていってみましょう。

 

「TO」の絶対スナップは移動したデータの頭がきっちりとグリッドのタイミングに合います。

f:id:otomanavi:20170310171427j:plain

 

こういったグリッドからちょっとはみ出したデータがあります。

f:id:otomanavi:20170310171451j:plain

 

絶対スナップでは移動させるとデータの頭がジャストに合わさります。

f:id:otomanavi:20170310171437j:plain

 

「BY」の相対スナップでは現在のデータの頭のタイミングを残したまま、グリッドごとの間隔でデータを移動します。

f:id:otomanavi:20170310171446j:plain

 

同じように少しはみ出したデータがあります。

f:id:otomanavi:20170310171451j:plain

 

相対スナップでははみ出した間隔のまま移動します。

f:id:otomanavi:20170310171454j:plain

 

リアルタイムレコーディングしたMIDIデータや、ギターのストロークをシミュレートしたMIDIデータなどはデータの頭のタイミングが必ずしもジャストではないことが多いので「BY」の相対スナップが使いやすそうですね。

ご自身のデータに合わせてこの2種類のスナップを使い分けてみてください!

 

音楽教室のオトマナビではSONARの使い方や曲作りなどのレッスンをやっています。

インターネットを使って作曲やDTMが勉強できるスクールです。

レッスンは講師とのマンツーマンなのでご自身のペースでしっかり学べます。

機材の購入からセッティングの相談までレッスンいたします。

ご興味のある方はぜひ一度体験レッスンをお試しください。

www.otomanavi.com