読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オトマナビブログ

ミュージックスクール オトマナビ

ABILITY、Singer Song Writer プラグイン32bitと64bitどちらをインストールすればいいか?

ABILITY Singer Song Writer

プラグインには32bit版、64bit版で選べるものがあります

プラグイン(音源やエフェクター)には32bit版と64bit版と2つのバージョンが用意されているものがあります。

お持ちのABILITYやSinger Song Writer でこれらを使う時にどちらをインストールしたらいいのでしょうか?

f:id:otomanavi:20170315155112j:plain答えはお持ちの音楽ソフト(DAW)をインストールした時のbitに揃えてプラグインをインストールすることをオススメします。

 

実は音楽ソフトのABILITYやSinger Song Writerにも64bit版と32bit版のものがあります。

古いバージョンのSinger Song Writer Liteでは32bit版だけですが、新しいABILITYではインストールの時にどちらをインストールするか選択できるようになっていたりします。

 

ABILITYやSinger Song Writerが64bit版

ABILITYやSinger Song Writerを64bit版でインストールしていたら、プラグインもできるだけ64bit版のものをインストールしましょう。

ですがプラグインによっては32bit版のものしかないものもあります。

でも大丈夫です、64bit版のABILITYやSinger Song Writerは32bitプラグインも読み込んで使えるようになっています。たまに読み込めないものもありますが。。

つまりABILITYやSinger Song Writerを64bitでインストールしておけばほとんどのプラグインは使用できるということですね。

 

ABILITYやSinger Song Writerが32bit版

ABILITYやSinger Song Writerが32bit版でインストールしてあった時はどうでしょう?

こちらは残念ながら32bitのプラグインしか使えません。

インストールするプラグインは32bitのものを選びましょう。

 

昔のパソコンはすべて32bitの規格のものでしたが、最近64bitに置き換わっていっています。ちょうど今は過渡期にあたるところで両方のbitのものを目にするんですね。

これからどんどん64bitに変わっていきますので、長い目で考えるとご自宅の音楽環境も64bitで組んでいくことをオススメします。

 

オトマナビで一緒にオリジナルソングを作ってみませんか?

インターネットを使って作曲やDTMが勉強できるスクールです。

レッスンは講師とのマンツーマンなのでご自身のペースでしっかり学べます。

機材の購入からセッティングの相談までレッスンいたします。

ご興味のある方はぜひ一度体験レッスンをお試しください。

www.otomanavi.com