オトマナビブログ

ミュージックスクール オトマナビ

SONAR 特定のクリップだけにエフェクトをかけるには

クリップごとにエフェクトがかけられます

オーディオのプラグインエフェクトはトラックにかけるだけでなく、クリップごとにもかけることができるをご存知でしょうか?

エフェクトならトラックのFX欄でかけられるし、違ったエフェクトをかけたければ別のトラックを作ってかければいいのではと思ってしまうところですが。

このワザを使うことでトラックのパンやボリュームなどのバランスが同じまま、あるクリップだけちょっと違うエフェクト処理をすることができるようになります。

f:id:otomanavi:20170321192538j:plain

 

通常はこちらのFX欄でトラックごとにエフェクトをかけますが、今回はクリップに直接エフェクトを挿入する方法をご紹介していきます。

f:id:otomanavi:20170321192540j:plain

 

クリップに直接エフェクトをかけるためには、クリップの上で右クリックして表示されるメニューから「エフェクトの挿入」→「オーディオFX」を選択してかけたいエフェクトを選びましょう。

f:id:otomanavi:20170321192541j:plain

 

クリップにエフェクトが挿入されている状態では、クリップの右上に「FX」という文字が表示されます。

f:id:otomanavi:20170321192543j:plain

 

クリップ右上の「FX」という文字をクリックするとクリップに挿入されているエフェクトの名前が表示されます。

f:id:otomanavi:20170321193315j:plain

 

エフェクトを削除したい場合は、エフェクトの名前の上で右クリックして表示されるメニューから削除を選択することで削除できます。

f:id:otomanavi:20170321192545j:plain

 

こちらの「×」はエフェクト名が表示されているこの画面を閉じます。

f:id:otomanavi:20170321192546j:plain

 

試しに「×」をクリックしてみるとエフェクト名の画面が閉じました。

f:id:otomanavi:20170321192548j:plain

 

このクリップごとにエフェクトをかけるワザはあるクリップだけ変わったエフェクトをかけたいときなどに結構使えます。

特にトラックにエフェクトを沢山かけている時などは、トラックを分けようと思ってトラックを複製したりするとエフェクトの分だけパソコンに負担がかかってしまいます。

そんな時にこのクリップにエフェクトを挿入するワザはオススメです!

 

音楽教室のオトマナビではSONARの使い方や曲作りなどのレッスンをやっています。

インターネットを使って作曲やDTMが勉強できるスクールです。

レッスンは講師とのマンツーマンなのでご自身のペースでしっかり学べます。

機材の購入からセッティングの相談までレッスンいたします。

ご興味のある方はぜひ一度体験レッスンをお試しください。

www.otomanavi.com