読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オトマナビブログ

ミュージックスクール オトマナビ

SONAR アルペジエーターで簡単にアルペジオを作ってみよう

アルペジオを使ってみましょう

アルペジオは分散和音ともいい、コード(和音)の音を1音ずつばらばらに演奏する奏法です。

そしてこのアルペジオのフレーズは普段聞くポップスなどでもよく使われています。

シンセサイザーの音色でピコピコ聞こえる音がそれになります。

アルペジオはコード感とリズム感を出すことができるパートになりますので結構使い勝手がいいです。

 

このアルペジオですが、1音ずつ入力して作っていくのはなかなか根気がいる作業になります。

そこで大体のDAWには入力したコードから自動でアルペジオに変換してくれるアルペジエーターなる機能が付属しています。

SONARにもMIDIトラックの機能としてアルペジエーターが付属していますので今回はこちらの簡単な使い方を解説していきたいと思います。

 

まずコードを入力したMIDIトラックを用意します。

そしてインスペクター(赤く囲った部分)を表示させましょう。

f:id:otomanavi:20170326142152j:plain

 

こちらがアルペジオを自動で作ってくれるアルペジエーターになります。

f:id:otomanavi:20170326142154j:plain

 

赤く囲った部分がアルペジエーターの電源になります。点灯させることでアルペジエーターの効果が反映されます。

f:id:otomanavi:20170326142156j:plain

 

分散させる音符の長さを決めます。

f:id:otomanavi:20170326142157j:plain

 

何オクターブ行ったところでフレーズが繰り返されるのか設定します。

f:id:otomanavi:20170326142159j:plain

 

アルペジオのパターンを選択します。

f:id:otomanavi:20170326142201j:plain

 

細かい設定などはいろいろあるのですが、これらの設定をするだけで「おっアルペジオできた!」とアルペジオが体感いただけます。

まずはお試しください!

 

音楽教室のオトマナビではSONARの使い方や曲作りなどのレッスンをやっています。

インターネットを使って作曲やDTMが勉強できるスクールです。

レッスンは講師とのマンツーマンなのでご自身のペースでしっかり学べます。

機材の購入からセッティングの相談までレッスンいたします。

ご興味のある方はぜひ一度体験レッスンをお試しください。

www.otomanavi.com